パク旨☆ごはん日記

写真&簡単レシピで綴る、毎日のごはん記録

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラム肉のステーキ バルサミコソース

2007.11.30 (Fri)
イギリスでは、ラム肉をよく食べますが、一番多い食べ方はロースト。
ミントソースで食べるパターンが一番人気のようです。
ラム肉との相性がいいハーブは、ミントの他にもローズマリーがあります。 今日はローズマリーを使ってジューシーで柔らか~いステーキです! ラム肉のステーキ バルサミコソース
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <下準備>
 ・ラム(肩ロース)をステーキサイズに切り、余分な脂は切り落とす。   包丁を立てて突き刺すようにして、切り目を数箇所入れる。
 ・にんにくローズマリーの葉をみじん切りにする。
 ・バットなどにオリーブオイル、にんにく、ローズマリーを入れて混ぜ、   ラム肉を入れてよく絡める。そのままマリネして常温で1時間置く。
 ・バルサミコ酢ダムゾンチーズ(プルーンジャムなどでOK)   醤油を混ぜてソースを用意する。    ※ダムゾンチーズのレシピは →コチラです。 <作り方>
(1)フライパンにを敷いてよく熱し、ラム肉を並べ、    塩こしょうをして両面を強火で焼く。
(2)両面がこんがりと焼けたら、中火にして赤ワインをふりかけ    アルコールをとばす。
(3)合わせておいたソースを加え、肉に絡める。 パルサミコ酢の酸味は、ほのかに残る程度で、 パンやパスタはもちろん、ライスでもイケる味付けです。
焼き加減は中がほんのりピンク色くらいがベスト! 強火でこんがりと両面を焼いて、火を通し過ぎないようにしましょう。 元々、ラムはあまり得意ではない旦那どんも、「これなら旨い!」と 喜んで食べてくれました♪・・・^^ ほっ。
スポンサーサイト

ポロねぎとハムのスープ

2007.11.30 (Fri)
ポロねぎの甘さと、ハムの旨みが出たシンプルなスープです。

ポロねぎとハムのスープ
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)ポロねぎハムは適当な大きさに切る。
(2)鍋にを熱し、ポロねぎを入れて透き通るまで炒める。
(3)ハムも入れて少し炒め、を加える。    沸騰したらコンソメパウダーこしょうで味付ける。

サーモンソテー 和風きのこクリームソース

2007.11.29 (Thu)
今日のこのメニュー、本当は白身魚で作ろうと思っていたのですが、
あまりにも美味しそうなサーモンを見つけてしまって、一目惚れ
急遽、サーモンで作ることにしました^^

サーモンソテー 和風きのこクリームソース
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ 『ソース』
(1)マッシュルームしいたけ玉ねぎをみじん切りにする。
(2)フライパンにバターを熱し、玉ねぎを透き通るまで炒める。
(3)きのこ類を加えて、全体に軽く火が通ったら、たっぷり目の    白ワインを加えて、弱火で10分ほど煮込む。
(4)醤油生クリームを加え、水溶きコーンスターチで、    少しだけとろみをつける。
  ※生クリームを入れた後は、煮立てないようにしましょう! 『ソテー』
(5)サーモンに軽くをふって、冷蔵庫に15~20分置く。
(6)水分を軽くふき取り、小麦粉をまんべんなくまぶし、    余分な粉はよくはたき落とす。
(7)フライパンにを熱し、魚の両面をこんがりと焼く。 (8)焼きあがった魚を皿に盛り付け、ソースをかける。 クリーム系が好きな人には、超おすすめソースです。 きのこの香りがとても良く、他の魚はもちろん、チキンにもピッタリ!

トマトと玉ねぎのサラダ アンチョビレモンドレッシング

2007.11.29 (Thu)
アンチョビの塩辛さとレモンのさわやかな香りがいいコンビ!
本当はもっとこってり系の肉料理の時の方が、ピッタリだったかな?

トマトと玉ねぎのサラダ アンチョビレモンドレッシング
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)トマト玉ねぎは薄くスライスし、玉ねぎは水にさらす。
(2)にんにくをみじん切りにし、アンチョビは細かく切る。
(3)ボールにオリーブオイル、アンチョビ、にんにく、黒こしょう、    レモン汁を入れて混ぜ、玉ねぎ、トマトを加えて全体に絡める。

そぼろと枝豆のいなり寿司

2007.11.28 (Wed)
味付き油揚げ、またもや出番です。普段、買うことなかったけど、
こうして使っているうちに、便利だなーと気に入ってきちゃいました。
まだ、数袋残ってますが、冷凍庫にしまってあります。
そう、外国の日系商店では、油揚げも、納豆も、餃子の皮も みーーーんな冷凍で売っているんですよ。 最初はビックリしました。。。 そぼろと枝豆のいなり寿司
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <下準備>
ご飯を炊く。
生姜を千切りにする。
枝豆を解凍する。 <作り方>
(1)フライパンにを熱して生姜を入れる。    香りがたってきたら、豚ひき肉を加えて炒める。
(2)肉がそぼろ状になったら、みりん醤油で味付けし、    煮つめながら炒め、余分な水分をとばす。
(3)炊き上がったご飯に、枝豆、そぼろを加えて混ぜ、    粗熱が取れたら、ふわっとラップをして冷まし、    冷めたら、味付き油揚げに詰める。 枝豆は、袋には茹でるようにと書いてありますが、既に固茹でされていて、 解凍しただけで程よい固さなので、私はいつも解凍するだけにしています。 ただ温かいご飯と混ぜるので、翌日まで持ち越す場合(お弁当に使うなど)、 サッと茹でるなどして火を通した方が安全です

牛肉と根菜の煮込みうどん

2007.11.28 (Wed)
今日は一日中ドタバタと忙しくて、夕ご飯の仕度をする時間が
あまりなかったので、あるものをポコポコ入れて煮込むだけの、
煮込みうどんに助けてもらいました。(^_-)-☆
ごぼうはこっちでは売ってないので、フリーズドライ使用です。 牛肉と根菜の煮込みうどん
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)人参は細切りにし、長ねぎ厚揚げは適当な大きさに切る。
(2)鍋にを入れて火にかけ、沸騰したら牛肉スライス、    ごぼう、人参、長ねぎを加えて煮る。
(3)アクをとり、野菜に大体火が通ったら、みりん、    だしの素醤油で味付けし、うどん、厚揚げを加えて、    いい感じに味がしみ込むまで煮込む。

チキンカツ

2007.11.27 (Tue)
チキンカツ、たまに無性に食べたくなるんです。
何の小技もなく、記事的には面白くないですよね…。でも
今日は、そんな至って普通~のチキンかつが食べたかったんです。

チキンカツ
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)鶏もも肉は、厚いところに切り込みを入れて開き、    厚さを均等にして、適当な大きさに切る。
(2)鶏肉に、を少々まぶして、手でなじませる。
(3)小麦粉玉子パン粉の順に衣をつけ、    ラップをして冷蔵庫にいれ、衣をなじませる。
(4)170~180℃のでカリッと揚げる。 たっぷりのキャベセンと一緒に食べると、美味しいんですよね~。 かつの時は、キャベセンが2人で5~6人分ペロッといけちゃいます。
そして今日は、揚げ具合も大成功! 絶妙でした♪ さすがの褒めベタな旦那どんも、つい褒めちゃってました。(*~-^)v

オクラともやしの生姜和え

2007.11.27 (Tue)
今日はメインが揚げ物だったので、さっぱり系の一品を用意。
生姜を多めに入れるのが、おすすめです。

オクラともやしの生姜和え
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)オクラをまぶして、表面の産毛をとり、    沸騰した湯にそのまま入れて、2~3分茹でる。    冷水に取り出し、ザルにあげて水気をきる。
(2)もやしはサッと茹でて、水気をきって冷ましておく。
(3)ワカメは水で戻して、水気を絞る。
(4)ボールにおろし生姜醤油を入れて混ぜ、もやし、ワカメ、    オクラを入れて和える。

佃煮汁

2007.11.27 (Tue)
あさりの佃煮を利用して、インタントなおつゆを作りました。
一人ランチの時や、キッチンが手狭な時には、鍋を使わないので便利。
簡単だけど、ちゃんとあさりの旨みが出て美味しいおつゆです。
他にも、牡蠣の佃煮なんて使ったら、きっと。。。(^ー^*)うわぁ~

佃煮汁
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)お椀に佃煮かつお節白ごまだしの素少々を入れる。
(2)お湯を注ぐ。 レシピと言えない簡単さですね^^; 無理やり(1)(2)に分けたような。。。 この佃煮、たらこのような粒々が入っていて、食感がプチプチとして 美味しかったです。ねぎも入れれば良かったかなー。

ガモンステーキ

2007.11.26 (Mon)
ガモンとは、イギリスのスーパーでよく見かける、豚の塩漬けです。
ハムのようにスモークしたもの、スモークしてないものの2種類があります。

ガモンステーキ

ガモンジョイント
 ← 
今日はこんなかたまりを買ってきました。
ガモンステーキはイギリスのパブの定番の
メニューですが、パブのものなどは、
そのまま焼くので、かなり塩辛いです。
このガモンを塩抜きして使ってみました。

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

<作り方>
(1)ガモンはステーキの厚さにスライスする。
(2)大き目のボールに少々を入れて薄い塩水を作り、    ガモンを浸して塩抜きする。(下記参照)
(3)塩抜きが済んだら、ペーパータオルなどで水気を拭く。
(4)フライパンにを熱してガモンを入れ、    黒こしょうを振って、両面をこんがりと焼く。 <塩抜きについて>
今回750gのかたまりを買ってきて、それを4枚にスライスしました。 厚さ2cm位のスライスですが、それを4時間塩抜きして、 まだ塩辛かったので、時間が足りなかったようです。 今度は余裕を見て8時間位、塩抜きしてみようと思います。
それと途中、塩の抜け具合をチェックするのに、一部をカットして レンジなどで火を入れて味見するのですが、ちょっと大きめにカットして 味見しないとダメみたいです。カットが小さすぎると塩分を感じません。 塩抜きが充分ではなかったものの、すごく美味しかったです。 小さく切って、多目のご飯と一緒に食べたら、ご飯との相性はバツグン。 まるで塩鮭とご飯のようなゴールデンコンビでした♪ おにぎりの具向き? でも、今度はちゃんと塩辛くないステーキとして食べたいです。。。

ミニジャケットポテト

2007.11.26 (Mon)
直径5センチほどの小さい新じゃがを使って、ジャケットポテト。
ジャケットポテトとは、つまりベイクドポテトのこと。
地元のフリーペーパーに載っていたレシピなのですが、可愛いし、
ミニなので量的にも都合がいいか思い、作ってみました。
普通サイズだと、それだけでお腹いっぱいになっちゃうんですよね。

ミニベイクドポテト
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)オーブンを190℃に予熱する。
(2)じゃが芋は洗って芽をとり、フォークを数箇所さして    表面にバターを塗り、オーブントレーに並べる。
(3)オーブンに入れ、190℃で50分~1時間焼く。    ※大きさによりますが、串などを刺してチェックしてください。
(4)焼きあがったら十字に切り目を入れ、少し開く。
(5)マヨネーズ、刻んだ青ねぎ、おろしにんにくを混ぜて    トッピングを作り、十字の上にのせる。 やっぱりジャケットポテトは、それ専用のあの巨大なじゃが芋の方が、 ホックホクで美味しい!というのが正直なところです。  ミニサイズ、可愛いんですけどね~。

チキンとたっぷり野菜のカレースープ

2007.11.26 (Mon)
野菜がたっぷり食べられる具沢山スープ。カレー味で体もポカポカ。

チキンとたっぷり野菜のカレースープ
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)鶏もも肉は適当な大きさに切り、キャベツはざく切り、    人参セロリはスライスする。
(2)鍋に湯を沸かし、鶏肉を入れ、アクをとりながら煮る。
(3)人参、セロリを加えて、やわらかくなるまでコトコト煮、    コンソメパウダーカレーパウダーを加えて味付けする。
(4)最後にキャベツを加えてサッと煮、塩こしょうで味を調える。

焦がしねぎチャーシュー麺

2007.11.25 (Sun)
旦那どんから、「あのチャーシューで、チャーシュー麺が食べたい!」と
リクエストがあったので、今夜はチャーシュー麺に決定!
今日のチャーシューは味をつけないタイプです。
焦がしねぎも、とてもいい香りで、ラーメンが一層美味しくなります。

焦がしねぎチャーシュー麺
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ 2人分 <材料>
豚肩ロース(かたまり)…600g(2回分あります。残りは冷凍して次回に) 長ねぎ……………………10cm位 もやし……………………1/2袋 ラーメン(市販)………2人分 <作り方>
(1)チャーシューを作る    たこ糸でしばった豚肩ロース肉を、オーブンバットに入れ、    190℃に予熱したオーブンに入れる。
(2)焼き時間は、肉1kgに対して60分で計算して、プラス30分。    (今日の肉は600gなので、66分という計算になります)
(3)焼きあがったらオーブンから出し、アルミホイルをかぶせて    粗熱をとる。→スライスする。
(4)もやしを耐熱容器に入れ、レンジで1~2分加熱し、    ごま油、塩を絡める。
(5)焦がしねぎ油を作る    フライパンに多めのごま油を熱し、長ねぎのスライスを入れる。    弱めの中火で、ねぎがこんがりするまで揚げ焼きする。
(6)出来立てのラーメンに、もやし、チャーシューをのせて    上から焦がしねぎ油をかける。 このチャーシューは味をつけない分、豚肉の旨みをばっちり楽しめます。 ラーメンがしっかり目の味の時におすすめ!

ピリ辛鶏味噌バターコーン雑炊

2007.11.25 (Sun)
金曜日のの残りの変身!第2弾です。ありきたりな変身ですが・・・。
骨付き鶏肉の身をほぐして加え、コーンも加えて雑炊にしました。
同じ味だと飽きるので、バターを加えて味噌バター味にしてみました!

ピリ辛鶏味噌バターコーン雑炊
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)鍋の残りを温め、煮詰まっているようなら    水を足して薄めるなどして、ちょうど良くする。
(2)鶏肉(鍋の具)は骨を取って身をはずし、適当な大きさに切り、    青ねぎはみじん切りにする。
(3)鍋に鶏肉、コーンを入れてひと煮立ちさせ、ご飯を加えてほぐす。
(4)バターを加えてひと混ぜし、玉子を落として青ねぎを散らす。 食べる時に玉子をぐるぐるして、とろ~りしたところをいただくのが最高♪ やっぱり鍋って、翌日以降の変身メニューがまたいいんですよねーっ。

りんごフローズンヨーグルト

2007.11.25 (Sun)
何味でもアレンジ自在なフローズンヨーグルトです。
好きなジャムやピューレとヨーグルトで、なめらかアイスができちゃいます。
ゼラチンを入れるのが、なめらかに仕上がるポイントです!

りんごフローズンヨーグルト
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <材料> ←自分用メモです、参考まで。
 りんごピューレ……300g
 ヨーグルト…………150g
 牛乳…………………100ml

 粉ゼラチン…………5g
 水(ゼラチン用)…大2
 はちみつ……………大2
 砂糖…………………大1
 レモン汁……………大3
 スキムミルク………大2

※りんごピューレのレシピは
 →コチラです
<作り方>
(1)水にゼラチンをふり入れてふやかす。
(2)鍋にに牛乳を入れて火にかけ、ゼラチンを加えてよく溶かし、    沸騰手前で火を止める。
(3)りんごピューレ、ヨーグルトを加えて混ぜ、    味を見ながら、はちみつや砂糖(+甘み)、レモン汁(+酸味)、    スキムミルク(+コク)、など加えて味を調える。
(4)ボールに移して冷まし、冷めたら、冷凍庫に入れて1時間冷やす。
(5)取り出してみると、ババロア状に固まっているので、    ホイッパーでぐるぐると、よくかき混ぜる。
(6)冷凍庫に戻し、もう1時間冷やして取り出すと、今度はかなり    アイスらしく固まっているので、再度ホイッパーでぐるぐると    かき混ぜる。
(7)再び冷凍庫に戻し1時間冷やす。    ※スペースがあれば、ステンレスのボールがすすめです。     混ぜるときにボールだと混ぜやすいので。 りんごピューレを、他のジャムなどに置き換えた場合、 その水分量によって、ゼラチンの量は多少調整してみてください。
味は甘さも酸味もしっかり目に濃く付けたほうがいいと思います。 薄味だと、仕上がり時、ぼやけた物足りない味になってしまいます。
それと、私はスキムミルクを足していますが、生クリームやコーヒー用の ミルクパウダー、コンデンスミルクなど、色々試して美味しい味を 探してみてください♪゛(^-^)
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。