パク旨☆ごはん日記

写真&簡単レシピで綴る、毎日のごはん記録

和スイーツ の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるくる大福

2009.02.02 (Mon)
無性にもちもち系の和菓子が食べたくなって、大福作りました!
でも、大福包むのって結構コツがいりますよね!? いつも何とか包むけど、結構苦労します。。。 そこで、こんな方法はどうでしょう? くるくる巻くだけの手抜き法! これだと簡単♪簡単^^v    くるくる大福 ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <材料>
団子の粉……100g
砂糖…………50g
水……………150ml
こしあん………100g
<作り方>
(1)こしあんを10gづつにして丸めておく。    ※参考レシピはコチラ→ 《レンジで簡単! こしあん》
(2)耐熱容器にだんごの粉、砂糖を入れて混ぜ、    水を加えて、泡立て器でよく混ぜる。
(3)ラップをして電子レンジで5分ほど加熱する。    ※全体が半透明になっていればオーケー。     真ん中に白いものが残っていればもう少し加熱する
(4)水で濡らした菜箸などで、ぐるぐるとなめらかになるまで    よくかき混ぜる。※菜箸が折れないように注意!
(5)片栗粉を広げたバットなどに取り出し、粗熱が取れたら    10等分に分ける。それぞれを細長めの楕円にのばし、    丸めた餡を真ん中に乗せて、端からくるくると巻く。 アッという間に出来ちゃう、超簡単大福でした♪ 参考レシピとしてリンク貼った「こしあん」は、普通に甘いです。 甘さ控えめにしたい場合は、お砂糖の量を調節してみてくださいね!
スポンサーサイト

マンゴーとキウイの杏仁豆腐

2008.09.11 (Thu)
アーモンドエッセンスを使った、杏仁豆腐です。
マンゴーとキウイ、酸味が爽やかいいですよ~(^・^)a
色もとってもキレイですね♪

マンゴーとキウイの杏仁豆腐

◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆

<材料> 
『杏仁寒天』
 水………………………200ml
 粉寒天…………………2g(小1/2強)
 グラニュー糖…………大2
 牛乳……………………200ml
 アーモンドエッセンス…5~6滴
 『シロップ』
 砂糖…………………20g(大2弱)
 水……………………100cc
 レモン汁……………大1

 マンゴー、キウイ…適宜 
<作り方>
(1)鍋に水を入れて、粉寒天をふり入れて火にかける。    煮立ったら弱火にして、へらで底から混ぜながら    5分ほど加熱してしっかり煮溶かす。
(2)グラニュー糖を加えて溶かしたら、計量カップに入れ、    水を加えて元通りの200mlにする。
(3)牛乳、アーモンドエッセンスを加えて混ぜ、型に流し入れて    粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。
(4)『シロップ』用の砂糖と水を鍋に入れて火にかけ、砂糖を溶かす。    粗熱がとれたらレモン汁を加えて混ぜ、冷蔵庫でよく冷やす。
(5)杏仁豆腐を切って器に入れ、マンゴー、キウイ、シロップを加える。

抹茶水ようかん(失敗作)

2008.07.19 (Sat)
先日作った「白あん」、冷凍保存しておいたのを使って、
先週、久しぶりに和スイーツを作ったのですが、完全に分量を
間違えてしまって、大失敗!硬くなっちゃいました。。。
近々リベンジ予定!!!そしたらちゃんと分量も載せようと思います。
今回は、とりあえず写真だけ^^;

抹茶水ようかん

上の層が抹茶水ようかんで、下は麦茶寒です。
組合せと見た目は悪くなかったんですけどねぇ~。 凹...

白あんの抹茶どら焼き

2008.07.03 (Thu)
昨日の「超手抜き☆白あん」を使って、どら焼きを作りました。
挟むのが白あんなので、見た目的に色が寂しいかな?と思い、
生地を抹茶にしてみましたよ

白あんの抹茶どら焼き
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 4コ分 <材料>
水…………………大2
三温糖……………25g
玉子………………1コ
ハチミツ…………小1
みりん……………大1
小麦粉…………………50g
抹茶……………………小1
ベーキングパウダー…小1/4
白あん…………………120g
<作り方>
(1)白あんを作る。 →《超手抜き☆白あん》    4等分にして丸めておく。
(2)ボールに水、三温糖を入れてよく混ぜてとかし、    玉子、ハチミツ、みりんを加えて、更によく混ぜる。
(3)粉類を合わせて振るいながら加えてよく混ぜる。    ※こねないように注意!
(4)テフロン加工のフライパンにサラダ油を塗り、    生地を流し入れ、中火で焼く。    表面がぷつぷつして乾いてきたら、返して裏も焼く。
(5)バットなどにペーパータオルを敷いておき、    焼きあがったものを置いて、更にペーパータオルをかぶせ、    ラップをして冷ます。 ※乾燥防止です
(6)完全に冷めたら、白あんをのせて少し広げ、端を押さえるように    形を整えて、ひとつづつラップしておく。 実は昨日、早速どら焼きを作ったんです。 しかし・・・ ずいぶん久しぶりだったもので(←言い訳)、分量を間違えちゃって、 生地がふっくらと膨らみすぎてしまいました(>_<) おまけに丸が大きすぎたもんで、結果、ハンバーガーのような デカどら焼きになっちゃったんです(*_*;
失敗作は朝ごはんに片付けましたが、まるでアンパンでした^^; 今日は、リベンジ成功して良かった~♪

超手抜き☆白あん

2008.07.02 (Wed)
和菓子職人さんが見たら、呆れられちゃう邪道な作り方^^;
超手抜きな方法で白あんを作りました。 充~~~分おいしいです!
このやり方なら、簡単♪簡単♪ ものの30分で出来ちゃいますよ!

超手抜き☆白あん
バタービーンズa
こっちに豊富に売っている
豆の水煮缶。
その中にButter Beansというのが
あります。それを使いました。
バタービーンズb
←こんな豆です。
日本語だと「リマ豆」といいます。
見るからに「白あんにしてくれ~」って
感じの豆ですよね^^
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 仕上がり量 250g分 <材料>
バタービーン……235g(1缶分)
砂糖………………100g
塩…………………ひとつまみ
※この分量だと、甘さしっかりめの
 仕上がりです。
 お好みで調節してください。
<作り方>
(1)バタービーンは缶汁をきって、薄皮をむく。    ひたひた弱の水を加え、ブレンダーでピューレ状になるまで混ぜる。
(2)鍋に入れて、塩、砂糖を加えて火にかけ、沸騰したらアクをとる。
(3)少しとろっとしてきたら火を弱め、焦げないように底を混ぜながら、    程よい硬さになるまで煮詰める。    ※冷めると硬くなるので、理想より少しゆるめで     ヘラからボタッと落ちるようになったらオーケー!
(4)バットに広げ、ラップをして冷ます。 実は、「うまいぞLA」のあびままの「しろたんでござるよー」を見てから 無性に白あんが食べたくなってしまっていたんです。。。
でも、見ると結構手間ひまかかっているので、ん~と考えちゃってて…。 だけど思い出したんです! お正月に作ったきんとんを♪ コチラ→《紅白豆きんとん》 この手で行こう!ということで決定☆ コレ使って、何を作ろうかな~。 うちはしろたん作ってもしょうがないしなぁ~^^;

苺ミルク寒天

2008.06.25 (Wed)
潰した苺とミルクを混ぜて、薄ピンクの可愛いデザート。
プリュっとした食感の苺ミルク寒天、さっぱりとした仕上がりです。
冷た~~~く冷やして、召し上がれ~

苺ミルク寒天
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 3コ分 <材料>
 苺……………6コ  水……………100cc  粉寒天………小1/2弱  砂糖…………20g  牛乳…………200cc <作り方>
(1)苺は、3コはスプーンの背などを使って粗く潰して、    残りの3コは4等分に切っておく。
(2)鍋に水、粉寒天を入れて10分ほど置いてから火にかけ、    中火で加熱して、沸騰したら火を弱め、ヘラで混ぜながら    2分ほど煮溶かす。
(3)火を止めて、砂糖を加えてよく溶かし、牛乳、つぶした苺も    加えて混ぜる。
(4)プリン型の内側を水で濡らし、切った苺を入れて、    寒天液を流しいれ、冷めたら冷蔵庫で冷やし固める。 寒天はローカロリーなのはもちろん、食物繊維がたっぷり! ヘルシーなデザートが作れてありがたいですね! 強い見方だはーと

抹茶寒&黒豆ミルク

2008.05.23 (Fri)
黒豆の甘煮を作って、和風デザートを作りました。
抹茶寒とミルクは甘くせず、黒豆のほんのり甘さで…と思ったけど、
ちょっと甘さ控えめすぎ?だったので、黒蜜もかけました。
黒蜜はレシピの分量だと、少し多めにできます。 控えめにスプーン1杯程度だけ入れて、後は好みで追加してください。 抹茶寒&黒豆ミルク
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 小グラス×3コ分 <材料>
『抹茶寒』
 粉寒天…………小1/2強
 水………………400cc
 抹茶……………小1
 黒豆甘煮…………適宜  牛乳………………適宜
『黒みつ』
 黒砂糖…………50g
 水………………50cc
 ハチミツ………小1
<作り方>
(1)黒豆甘煮を作る。 ※作り方はコチラ→ 《黒豆甘煮のレシピ》
(2)抹茶寒を作る    鍋に水、粉寒天を入れて10分ほど置いてから火にかけ、    中火で加熱して、沸騰したら火を弱め、へらで混ぜながら    2分ほど煮溶かす。
(3)小皿に(1)の寒天液を大1ほど取り、抹茶を加えて練り混ぜ、    しっかり混ざったら、寒天液を更に少しづつ加えて液状にして    (1)に戻して混ぜる。
(4)いったんボールなどに移して、たまに混ぜながら粗熱を取り、    軽くとろみが付き始めたら、塗らした四角いバットに流し入れ、    冷めたら冷蔵庫で冷やし固める。
(5)黒蜜を作る。    鍋に『黒蜜』の材料を全て入れ、中火でよく煮溶かし、    軽くとろみが付くまで煮つめる。    ※サラッとしたとろみ程度でオーケー、     冷やすとハチミツくらいになります
(6)黒蜜以外をよく冷やし、角切りにした寒天、黒豆甘煮を    グラスに入れて、牛乳をそそぎ入れて黒みつをかける。 (3)の工程で、いったんボールに入れて冷ますのは、抹茶の沈殿を 防ぐためです。前に抹茶寒天を作った時、抹茶が沈殿して2層に なってしまったんです。。。今回はちゃんとうまく出来ました(^^)v

黒豆ホットミルク

2008.04.22 (Tue)
今日のサラダ用の黒豆を作った時、ついでに甘煮も作りました。
その甘煮の汁を使って、食後の甘~いホットドリンクコーヒーheart0
完全に冬向けですが。。。^^;

黒豆ホットミルク
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ 温めた牛乳黒豆甘煮の汁を混ぜてカップに注ぎ、 生クリームをのせて、ココアパウダーをふる。 クリームがのっているので、写真だと分かりませんが、 黒豆色に染まったミルクが、なんか健康にも良さそう~な感じです。 美味しいですよ~にこ 秋になったら、是非どうぞ!

黒豆抹茶クリームあんみつ

2008.02.28 (Thu)
黒豆甘煮を使って、和風デザートを作りました。
抹茶シロップは、他に甘いものが色々入る事を考えて かなり甘さ控えめです。 お好みで味見をしながら調整してみてください♪ 黒豆抹茶クリームあんみつ
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ (小グラス×4コ分)
『寒天』
 粉寒天…………小1/2強
 水………………400cc

『黒みつ』
 黒砂糖…………50g
 水………………50cc
 ハチミツ………小1
『抹茶シロップ』
 砂糖……………20g
 水………………200cc
 抹茶……………小1

『その他』
 こしあん………適宜
 黒豆甘煮………適宜
 きなこ…………適宜
 生クリーム……適宜
※こしあんの作り方はコチラ→ 《こしあんのレシピ》 (1)寒天を作る    鍋に寒天、水を入れて10分ほど置いてから火にかけ、    中火で加熱して、沸騰したら火を弱め、へらで混ぜながら    5分ほど煮溶かす。
(2)四角いバットなどを濡らして、寒天を流し入れ、    粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。
(3)黒蜜を作る    鍋に『黒蜜』の材料を全て入れ、中火でよく煮溶かし、    軽くとろみが付くまで煮つめる。    ※サラッとしたとろみ程度でオーケー、     冷やすとハチミツくらいになります
(4)抹茶シロップを作る    鍋に砂糖、水を入れて中火にかけ、砂糖が溶けたら    大1ほどを小さい器などに取り出し、抹茶を加えてよく混ぜる。
(5)更にシロップを少しづつ足しながら、抹茶を完全に溶かし、    鍋に戻し加えて混ぜる。
(6)仕上げ    全てをよく冷やし、角切りにした寒天、黒豆甘煮をグラスに入れて、    抹茶シロップをそそぎ入れ、こしあん、ゆるめにホイップした    生クリームをのせて黒みつをかける。 写真は小グラス4つに分けた量ですが、かなり少なめで、 ミニデザートという感じのサイズです。 たっぷり食べたいという方は、2つに分けるくらいでいいかも。 和風デザートには、それほど魅力を感じない旦那どんですが、 これは相当気に入ったらしく、珍しくべた褒めしてくれました

黒豆甘煮

2008.02.22 (Fri)
お正月用に買った黒豆が、まだたくさんあるので、
今度は和菓子などに使えるように、あっさり目に甘く煮ました。

黒豆甘煮
作り方はコチラです→ 《黒豆のレシピ》 お正月の黒豆レシピですが、 材料から醤油を抜いて、作りました。 煮ている時、小皿に取っては味見してたのですが、美味しくて つい調子にのり、しまいには小皿にてんこ盛りで食べてました^^;

道明寺 一口おはぎ

2008.02.16 (Sat)
道明寺を使って、小さ~い、小さ~い一口おはぎを作りました。
ちょっと食べたいなって時に、極少量で簡単にできます!

道明寺 一口おはぎ
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <下準備>
こしあんを作る。  レシピはコチラ→ 《こしあん》
・必要な分量の道明寺を用意し、サッとすすいで水に30分ほど浸し、  ざるにあげて水をきる。→耐熱容器に入れる。  ※大さじ2杯分の道明寺で、お茶碗半分くらいになります。 <作り方>
(1)よく沸騰した蒸し器を用意し、道明寺を容器ごと入れて、    濡れ布巾をかけ、5分蒸らす。
(2)蒸しあがったら、濡れ布巾をかけたまま粗熱をとり、    手で触れる程度になったら、濡らした手で4等分に丸める。
(3)こしあんを道明寺と同じくらいのサイズに丸める。
(4)手のひらにラップを広げ、その上にこしあんを伸ばして平にし、    真ん中に道明寺をのせて包んで、形を整える。 蒸しあがった道明寺で、お寿司のシャリ玉くらいの塊が4つできました。 あんこで包んで一回り大きくなっても、まだまだゴルフボール大ほど。 完全に食べきり量です。
今回は、先日作ったこしあんを使ったので、もっと簡単でした。 久しぶりのおはぎ、美味しかったです。。。 あぁ幸せ

抹茶きなこ大福

2008.02.08 (Fri)
今日は旦那どんは飲み…私もチャンスを生かして(?)外出してたので、
夕ごはん作りはお休みでした。
ニコニコ。 横向き...というわけで、昨日の昼間に作った簡単な大福をご紹介します。

抹茶きなこ大福
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ (小さめ×4コ分) <材料>
★白玉粉……50g
★砂糖………25g
★塩…………少々
水……………60cc
こしあん…………100g

きなこ……………適宜
抹茶パウダー……適宜
<作り方>
(1)こしあんは25gづつに分けて丸めておく。    きなこと抹茶パウダーは合わせて、バットに広げておく。
(2)耐熱容器に★を入れて泡立て器などでよく混ぜ、    水を少しづつ加えながら、更によく混ぜる。
(3)ふわっとラップをし、レンジで約1分加熱して取り出し、    水で濡らした木ベラでよく混ぜる。
(4)ラップをかけなおして更に1分加熱し、力を入れて混ぜる。    全体に色が均一になるまで繰り返し加熱して混ぜる。
(5)手を濡らして餅生地を取り出し、抹茶きなこを広げたバットに    のせて、4等分する。
(6)それぞれを丸めて平たくのばし、余分なきなこを払って、    真ん中にこしあんをのせて包む。
(7)形を整えたら、更に抹茶きなこを茶漉しなどでふりかける。 ほんのり甘くて、もちもちだけど程よく歯ごたえもある、そんな食感です。
包むのはちょっと難しいですが、餅生地は結構ビヨ~ンと伸びるので、 うまくひっぱりながら巾着状に1ヶ所に集めてキュッとつまんでいく感じで。 多少いびつでも味に変わりはなし!...って、私しょっちゅう言ってる気が^^;

レンジで簡単! こしあん

2008.02.08 (Fri)
さらしあんの粉を使うので、既にその時点で簡単なのですが、
焦げないように鍋で混ぜ続ける手間を更に省いた、レンジで作る方法です。 
一度にある程度の量を作り置きしても、冷蔵で1ヶ月弱はもつし、 小分けして冷凍しておけば、食べきり量で和菓子を作りたい時に、 ちょこっと小出しできて便利です。 レンジで簡単! こしあん
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ (小どんぶり1杯分) <材料>
さらしあん(粉)…90g
三温糖……………150g
塩…………………少々
水…………………250ml
※袋に分量の指示があれば、
 それに従ってください
<作り方>
(1)耐熱容器にさらしあんの粉、三温糖、塩少々を入れて混ぜ、    水も加えてよく混ぜる。※ラーメン丼などでオーケー
(2)ふわっとラップをして電子レンジで5分加熱し、いったん取り出して    よく混ぜたら、再度ラップをして更に5分加熱し、よく混ぜる。
(3)今度はラップをはずして、様子を見ながら少し加熱しては混ぜる、    を繰り返し、ぽってりする感じまで煮詰める。     ※目安は中華まんのあんこくらいまで 出来立てはゆるめの状態ですが、冷めると程よく固くなります。甘さも 冷め切らないうちに味見すると「甘すぎた?」って感じなのですが、 完全に冷えると丁度いい甘さになります。

いちご杏仁

2008.01.10 (Thu)
杏仁霜の代わりに、アーモンドエッセンスで作る杏仁豆腐です。
たっぷりのいちごと一緒に♪
あ、これって完全に紅白でお正月向きでしたね。。。ちょっと遅かったな。

いちご杏仁
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ <材料>
『杏仁寒天』
 水…………………………200cc
 牛乳………………………200cc
 粉寒天……………………2g(小1/2強)
 アーモンドエッセンス…5~6滴
 グラニュー糖……………大2
『シロップ』
 砂糖…………20g(大2弱)
 水……………100cc
 レモン汁……大1

 いちご………適宜
<作り方>
(1)鍋に水を入れ、粉寒天をふり入れてふやかし、    10分くらいおいてから、火にかける。
(2)煮立ったら弱火にして、へらなどで底から混ぜながら    5分ほど加熱してしっかりと煮溶かす。    ※ヘラを持ち上げたときに、表面に粒々がつかないくらいまで
(3)グラニュー糖を加えて溶かし、計量カップに戻して、    元通りの200ccにする。
(4)牛乳、アーモンドエッセンスを加えて混ぜ、型に流し入れて    粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。
(5)『シロップ』用の砂糖と水を鍋に入れて火にかけ、砂糖を溶かす。    粗熱がとれたらレモン汁を加えて混ぜ、冷蔵庫でよく冷やす。
(6)杏仁豆腐を切って器に入れ、細かく切ったいちご、シロップを加える。 前回の日本帰国時に、寒天専門店の高級粉寒天というのを 買ってみたのですが、今までの粉寒天とは違うのか、これまでの配合では 固すぎる仕上がりになってしまって、このちゅるりん具合にたどり着くのに 苦労しました。メーカーによって多少違うのかもしれません。。。

コーヒー寒きなこハチミツがけ

2007.12.15 (Sat)
今日は土曜日だけど、旦那どんは仕事。私もでかけてしまったので
夕食はまたもや作らず・・・。 引き続き、過去レシピをアップします。
まずは簡単にできる、ちょっと変わった和風デザートから♪

コーヒー寒きなこハチミツがけ
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ <材料>
コーヒー…500ml 粉寒天…小1 砂糖……大2 きなこ……適宜 ハチミツ…適宜 <作り方>
(1)ドリップコーヒーを用意する。
(2)コーヒーを鍋に入れて、粉寒天、砂糖を入れて溶かす。
(3)容器に入れて冷まし、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。
(4)コーヒー寒を角切りにして盛り付け、きなことハチミツをかける。 黒蜜もコーヒー味と相性がいいですが、この時は、より簡単にと ハチミツをかけてみました。ハチミツもかなり相性良かったです♪
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。