パク旨☆ごはん日記

写真&簡単レシピで綴る、毎日のごはん記録

ケーキ類 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マロンパウンドケーキ

2009.01.20 (Tue)
この前ご紹介したマロングラッセ風栗煮を、また作ったので、
今日はこれを使って、「アメリカごはん」のSalaさんが作っていた
栗とくるみの木の実のケーキのレシピで、パウンドケーキを焼きました。
Salaさんのレシピでは、名前の通り、栗と木の実が入るのですが、 栗煮をたくさん作ったので、私は栗のみで作ってみました♪
(↓ちょっと逆さまに網に乗せておいたら、変な後がついてしまった…)    マロンパウンドケーキ    ↓私の場合の材料と、作り方を記録として載せておきます。 ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 10×20cmパウンド型1コ分 <材料>
 無塩バター………………60g
 三温糖……………………80g
 塩…………………………2つまみ
 サラダ油…………………大2
 生クリーム………………大2
 ブランデー………………大1
 玉子(L)…………………2コ
 バニラエクストラクト…小1
 小麦粉……………………100g
 片栗粉……………………20g
 ベーキングパウダー……小1.5

 マロングラッセ風栗煮…100g
 栗煮の煮汁………………大1
<下準備>
・材料を全て冷蔵庫から出し、常温にしておく。  粉類を合わせて振るっておく。
・マロングラッセ風栗煮を適当な大きさに刻む  ※→マロングラッセ風栗煮のレシピはコチラ
・ブランデーと玉子を合わせて、よく溶いておく。
・オーブンを170℃に予熱する。
・パウンドケーキ型に、バターを塗ってシートを敷く。 <作り方>
(1)無塩バター、三温糖、塩をボールに入れ、ハンドミキサーで    しっかり混ぜ(最初は飛び散るので手動で…)、ふんわりと    白っぽくなったら、サラダ油、生クリームも加えて混ぜる。
(2)玉子を4~5回に分けて加え、その都度よくかき混ぜる。    最後にバニラエクストラクトも加えて混ぜる。
(3)合わせておいた粉類を2~3回に分けて加え、さっくりと混ぜたら、    1/3を型に入れ、栗、生地、栗、生地と交互に重ね入れて、    軽くトンと落として空気抜きをする。
(4)オーブンに入れ、170℃で30~40分焼いて、竹串で火の通りを    チェックし、生地がついてこなければ出来上がり。    粗熱をとって、栗の煮汁をハケで塗り、ビニール袋などに    すっぽりと入れて保存する。 最後にお酒を塗るところを、栗煮の煮汁で代用しました。 こちらもブランデーとラム酒の香りたっぷりなので、良かったです♪
焼いているときの香りが、いつにも増して堪りませんでしたはーと しっとりふんわりに仕上がって、大満足♪ Salaさんどうもありがとー。
スポンサーサイト

クリスマスケーキ 2008

2008.12.29 (Mon)
クリスマス休暇も終わり、戻ってまいりました~(o^_^o)ゞ
遅ればせながらクリスマスケーキを記録としてアップします。
今年のクリスマスケーキは、ココアスポンジにいちごをサンド (カット面の写真は、すっかり撮り忘れてしまいました…^^;) デコレーションはどうも苦手なので、できるだけシンプルに。 手前のお花は市販品で、砂糖で出来たデコレーションアイテムです。    クリスマスケーキ 2008 ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1コ <材料>
生クリーム…………………150ml
グラニュー糖………………大3(約30g)
バニラエクストラクト……小1
    ※エッセンスなら数滴
ココアスポンジケーキ…1台

洋梨(缶)…………………適宜
いちご……………………適宜
<作り方>
(1)まずココアスポンジケーキを用意して、2枚にスライスする。    レシピはコチラ→ 《クリスマスケーキ 2006》
(2)生クリームとグラニュー糖をボールに入れて泡立て、    バニラエクストラクトも加えて、7分立てにホイップする。
(3)いちごは1/2~1/4に切り、洋梨はスライスする。
(4)スポンジケーキを2枚並べ、上面にシロップをハケで塗る。    片方に生クリームを広げ、その上にいちごを並べて、    更にたっぷりの生クリームをのせて広げる。    ※シロップは洋梨缶のシロップを使用
(5)もう一方のスポンジを、その上に重ね(シロップを塗った側を下に)    最上面にもシロップを塗る。
(6)クリームを上面、側面に塗ったら、好きなようにクリームを絞ったり    フルーツを並べてデコレーションする。 前日に焼いておいたココアスポンジに、朝のうちにデコレーションして 冷蔵庫に置きました。そうするとクリームの水分をスポンジが程よく 吸って、更にしっとり美味しいケーキになります♪ スポンジケーキは必ず前日に焼きましょう!

りんごの濃厚チョコケーキ

2008.11.13 (Thu)
濃厚ずっしりチョコレートのケーキに、酸味の強い青りんごが
ちょうどよいアクセントです。
まるでトリュフのような食感の、ヘビーなケーキになりました。    りんごの濃厚チョコケーキ ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 20cm×9cm角型×1コ分 <材料>
 りんご(小)……3コ
 レモン汁………大1
★三温糖…………大1
 板チョコ………120g
 ウィスキー……大2
 サラダ油………大2
 玉子……………1コ
◆三温糖…………40g
 小麦粉…………50g
<下準備>
・りんごは皮をむいて芯を取り、2~3cm角に切って鍋に入れ、  レモン汁、★の三温糖をかけて蓋をし、弱火で軽く煮込む。  表面が透き通り始めたら蓋をとって強火で煮つめ、  炒めるようにしてキャラメライズする。皿に出して冷ます。
・オーブンを170℃に予熱しておく。
・型にバターを塗り、オーブンシートを貼る。 <作り方>
(1)板チョコを適当に小さく割ってボールに入れ、    湯煎で溶かし、ウィスキー、サラダ油を入れて混ぜる。    ※レンジで溶かしてもOK
(2)別のボールに玉子を割りいれ、◆の三温糖を加えて    ハンドミキサーでもったりするまでよく混ぜる。
(3)チョコのボールにふるった小麦粉を加えて混ぜ、    (3)の玉子を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。    ※最後は底から救っては落とす…を繰り返してふんわりと
(4)りんごも加えてサッと混ぜたら、型に流し入れて、    軽くトントンと空気抜きをし、170℃で30分焼く。
(5)粗熱がとれたら型からはずし、ラップでくるんで冷ます。    そのまま丸1日置いてしっとりさせる。 使うチョコレートによって、甘さ、風味は全く違う感じになると思います。 今回も、いつもの「カカオ70%ダークチョコ」を使ったので、濃厚だけど、 ほろ苦な仕上がりです。コーヒーによく合います(^^*)b

かぼちゃのベイクドケーキ

2008.10.30 (Thu)
・・・と言っても、ケーキって感じじゃない、でもプリンでもない。
思いつきでどんどん色々入れて、出来上がった不思議なものです。
シンプルにかぼちゃっぽさが味わえるデザートです♪
肝心の味ですが、まずはかぼちゃ味が濃厚。クリーミーで甘さ控えめ、 食感はベイクドチーズケーキのようなしっとり、ねっとりした感じです。 スイートポテトのかぼちゃ版を、なめらかプリンと足して2で割ったような 感じ???とも言えます。 分かりにくいですかね^^;
とにかく、秋の味覚かぼちゃたっぷりの美味しいデザートです    かぼちゃのベイクドケーキ ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ <材料>
 かぼちゃ…………1/4コ(400g)
       ※裏ごし時(220g)
 牛乳………………100ml
 三温糖……………大1.5
 ハチミツ…………大1

 カラメル
 ■グラニュー糖……50g
 ■水………………大2
 ■熱湯……………大2	
生クリーム………100ml
シナモン…………少々		
ラム酒……………大1	
玉子(M)…………2コ

飾り用ホイップ……少々
<下準備>
・オーブンを170℃に予熱する。
・カラメルソースを作る  鍋に■のグラニュー糖、■の水を入れて強火にかけ、茶色く色づくまで  混ぜたりせずにそのまま加熱する。いい色になったら湯を加えて混ぜる。 <作り方>
(1)かぼちゃは皮をむいて種をとり、小さく切って耐熱皿に入れる。       ラップをしてレンジで10分ほど加熱し、かぼちゃに箸がスーッと    通るくらいになったら、出てきた水分を捨てて、熱いうちに    裏ごししてボールに移す。
(2)牛乳を耐熱容器に入れて、レンジで人肌より少し熱めに温めて、    三温糖、ハチミツを加えて溶かし、かぼちゃに少しづつ加え混ぜ、    粗熱がとれたら、生クリーム、シナモン、ラム酒も加えて混ぜる。
(3)玉子をよく溶いて(2)に加えて混ぜ、ココット容器に注ぎ入れる。    バットに並べて熱湯を注ぎ入れ、オーブンに入れて170℃で    30分ほど蒸し焼きにする。
(4)焼けたらよく冷まして、冷蔵庫で冷やす。    カラメルソースをかけ、好きなようにホイップクリームなどを飾る。 手間なのはかぼちゃの裏ごしだけ。ここだけ終わっちゃえば、あとは 混ぜて焼くだけですからね!それでは皆さん            ハッピーハロウィーン!

苺とアプリコットのショートケーキ

2008.09.25 (Thu)
中にも外にも、苺とアプリコットを入れたデコレーションケーキ♪
赤と黄色が鮮やかです。今日はちょっとミントまで飾っちゃいました^^
やっぱり苺のケーキっていうのは、ケーキの王様ですね~
苺とアプリコットのショートケーキ
苺とアプリコットのショートケーキ(カット面)
←カットした感じ(クリックで拡大します)
 12cmの型で作った、小さいサイズの
 ケーキなので、カットは4等分です^^

今回はスポンジが大大成功だったので、
すごく美味しくできて嬉しいです o(≧∀≦)o
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1コ分 <材料>
生クリーム………………150ml
グラニュー糖……………大3(約30g)
ラム酒……………………小1
バニラエクストラクト…小1
   ※エッセンスなら数滴
苺……………………適宜
アプリコット(缶)…適宜

スポンジケーキ……1台
<作り方>
(1)まずスポンジケーキを用意して、2枚にスライスする。    レシピはコチラ→ 《スポンジケーキ(改良版)》
(2)生クリームとグラニュー糖をボールに入れて泡立て、    ラム酒、バニラエクストラクトも加えて、7分立ての    ホイップクリームにする。
(3)苺、アプリコットは好みのサイズに切る。
(4)アプリコット缶のシロップにラム酒(分量外)少々を加えて    混ぜ、シロップを用意する。
(5)スポンジケーキを2枚並べ、上面にシロップをハケで塗り、    片方に、クリームを塗って、その上にフルーツを並べ、    更にフルーツが隠れるくらいのクリームをのせて平に広げる。
(6)もう一方のスポンジをその上に乗せ(シロップを塗った側を下に)    最上面にもシロップを塗る。
(7)クリームを上面、側面に塗ったら、好きなようにクリームを絞ったり    フルーツを並べてデコレーションする。 今日は面白いことを発見しました。これはイギリスの生クリームを 使っている人には朗報です♪(邪道技だとは思いますが…) ↓イギリスの生クリームをお使いの方へ
イギリスのって、7分立てホイップでデコレーションし始めても 塗っているうちにどんどんねっとりしてきて、バタークリームみたいに なりませんか? 今までは、そのまま塗ると見た目もなめらかにならないし、 失敗~(≧3≦)~って思ってたんですが、そうなってしまった場合、 そこに少しづつ生クリームを加えながらゆっくり混ぜてみてください。 7分立てにホイップしたときのなめらかな状態に戻りますよ!

スポンジケーキ(改良版)

2008.09.25 (Thu)
いままで作った中で、一番上手にできました~♪♪♪
前回スポンジケーキを作った時、大事なサラダ油を入れ忘れちゃって ちょっとパサついちゃったので、今回はバッチリ忘れずに入れました。 更に、しっとり感アップを期待してハチミツも加えてみましたよ♪ その分、少しだけレシピを微調整しています。
そして、いつでもどの家庭にもたいていあるものということで、 今回もコーンスターチではなく、片栗粉を使っています。 スポンジケーキ(改良版) ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1コ分 <材料>
玉子………………1コ(L)
グラニュー糖……大1
薄力粉……………20g
片栗粉……………小1
サラダ油…………………小2
ハチミツ…………………小1
バニラエクストラクト…小1
   ※エッセンスなら数滴
<下準備>
・オーブンを160℃に予熱しておく。
・型にバターを塗って、オーブンシートを貼る。
・小麦粉、片栗粉は予め混ぜてふるっておく。 <作り方>
(1)ボールに玉子、グラニュー糖を入れて、ハンドミキサーで    もったりするまで泡立てる。※爪楊枝が立つくらいまで
(2)小麦粉と片栗粉を合わせてふるったものを加え、    泡立て器でふんわりと混ぜる。    ※底からすくうように持ち上げ、自然にたらす…を繰り返すと     気泡をつぶさずに上手く混ざります
(3)粉が少し残っているくらいで、サラダ油、ハチミツ、    バニラエクストラクトを加えて混ぜる。
(4)上からたらすように型に流し入れ、型をシュっと回転させ、    更に軽くトントンと落とすようにして、粗い気泡を抜いて、    オーブン中段に入れ、160℃で20分焼く。※串でチェック!
(5)焼きあがったら、型ごと上からトンと落として再度空気抜きをし、    型からはずして網の上に逆さまに乗せ、ボールなどをかぶせて冷ます。    粗熱がとれたら、すぐビニール袋に入れて冷ます。 今日は初めてバニラエクストラクトを使ってみました。 これは日本ではあまり売られていませんが、材料が人口的な バニラエッセンスに対して、原材料がバニラビーンズとエキス 抽出のために使うアルコールだけです。 香りがソフトで苦味のないのが特長です。 バニラビーンズをウォッカなどに6ヶ月漬けて作ることも可能だそうです。

アンブラン

2008.08.19 (Tue)
アンブラン モンブラン風のデコレーションケーキです。
色的には完全に栗っぽいですよね♪
はい! お察しの通り、
正体はあんクリーム。
それでアンブラン^^
こしあんと生クリームを
混ぜて作りました。
中に抹茶クリームをサンドした和風ケーキです。
アンブランa
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1コ ※スポンジケーキは昨日の「スポンジケーキ(共立てタイプ)」を使用。 ※こしあんの作り方はコチラ→ 「レンジで簡単!こしあん」 <材料>
スポンジケーキ……1コ

三温糖………………小2
湯(シロップ用)……小2
生クリーム…………150cc
グラニュー糖………30g
抹茶パウダー………小1
湯(抹茶用)…………小2
こしあん……………30g
<下準備>
・三温糖に湯を加えて溶かし、スポンジに塗るシロップを作る。
・生クリームにグラニュー糖を加え、7分立てにホイップする。
・抹茶パウダーを湯(抹茶用)と合わせて混ぜてよく溶かし、  ホイップクリームの1/4に混ぜ、1/4にはこしあんを混ぜる。  (3色のクリームが、緑1:茶1:白2になるように)
・スポンジを3枚にスライスする。 <デコレーション>
(1)スポンジを1枚平らな台に乗せ、上面にハケでシロップを塗り、    その上に抹茶クリームの半分を塗り広げる。
(2)2枚目のスポンジの片面にシロップを塗り、その面を下にして    (1)の上にのせ、上面にシロップ、残りの抹茶クリームを塗る。
(3)3枚目のスポンジの片面にシロップを塗り、その面を下にして重ね、    最上面にもシロップを塗る。
(4)白クリームで上面、側面をコーティングして、上面の淵に    リング状に搾り出す。
(5)リングの内側に、あんクリームをモンブラン風に搾り出す。 出来上がってから、1日冷蔵庫に置いた方が、スポンジがしっとりして 美味しくなります。 抹茶クリームは、もっとビターにした方が美味しかったかも。。。
いや~デコレーションは去年のクリスマス以来でしたが、やっぱり難しい。 ケーキ屋さんの美しい仕上がりには、ほど遠いなぁ…。
今日は天国の父の誕生日なので、バースデーケーキとして作りました。 と、言っても届けられるわけじゃないので、私達が食べちゃうんですけどね^^ 気持ちだけ届け~ってことで。 お父さん、お誕生日おめでとう

スポンジケーキ(共立てタイプ)

2008.08.18 (Mon)
これは超シンプルな材料、超シンプルな工程の、とっても
作り易い簡単スポンジケーキです。
明日、久しぶりにデコレーションケーキを作る予定なので、 今日は、このスポンジ台だけを焼いておきました。
たまたま、コーンスターチをきらしていたので、片栗粉で代用して みたのですが、いつもと変わりなく焼けたようです。ホッ♪ スポンジケーキ(共立てタイプ) ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1台 <材料>
小麦粉…………20g
片栗粉…………小1
玉子………………1コ(L)
グラニュー糖……大1
サラダ油…………大1
<下準備>
・オーブンを160℃に予熱しておく。
・型にバターを塗って、オーブンシートを貼る。
・小麦粉、片栗粉は、予め混ぜてふるっておく。 <作り方>
(1)ボールに玉子、グラニュー糖を入れて、ハンドミキサーで    もったりするまで泡立てる。※爪楊枝が立つくらいまで
(2)小麦粉と片栗粉を合わせてふるったものを加え、    泡立て器でふんわりと混ぜ、サラダ油も加えて混ぜる。    ※底からすくうように持ち上げ、自然にたらす…を繰り返すと     気泡をつぶさずに上手く混ざります
(3)上からたらすように型に流し入れ、型をシュっと回して空気抜きをし、    オーブン中段に入れて、160℃で20分焼く。※串でチェック!
(4)焼きあがったら、型ごと上からトンと落として再度空気抜きをし、    型からはずして網の上に逆さまに乗せ、ボールなどをかぶせて冷ます。    粗熱がとれたら、すぐビニール袋に入れて冷ます。 カー やっちゃった! サラダ油をいつもは(2)の段階で入れるのですが、 今日は(1)の段階で入れてみようなんて思ってたら、うっかり忘れました。 型からはずしてみると、なんか妙に軽いような。。。 ケーキにして食べてみて、ぱさつきチェックしてみます。大丈夫かなー
【結果】やっぱりぱさつき気味でした。サラダ油は抜いちゃダメっす(^^ゞ

ブルーベリーのベイクドケーキ

2008.05.20 (Tue)
生のブルーベリーを使って、甘さ控えめの軽いケーキを焼きました。
本当にさっぱり軽くて、デザートというより朝ごはん向きです。
バターをやめてマーガリンを使っているので、とってもヘルシー♪ しっとり濃厚好きさんはバターに替えて、量も80~100gくらい 入れるといいです。ヘルシー度は(+o+)downですけど…。 ブルーベリーのベイクドケーキ
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 20cm×9cm角型×1コ分 <材料>
マーガリン……………50g
砂糖……………………50g
玉子……………………2コ
レモン汁………………大2
小麦粉…………………100g
ベーキングパウダー…小1/2
ブルーベリー…………120g
<下準備>
・型にマーガリン(分量外)を塗って、オーブンシートを貼る。
・オーブンを170℃に予熱する。 <作り方>
(1)ボールにマーガリンを入れてホイッパーで混ぜ、クリーム状に    白くなったら、砂糖を加えてよくすり混ぜる。
(2)玉子を溶いて、(1)のボールに3回に分けて加えて    よく混ぜ、レモン汁も加えて混ぜる。
(3)小麦粉とベーキングパウダーをふるいながら(2)のボールに入れ、    さっくりと且つしっかり混ぜ合わせる。
(4)ブルーベリーも加えたら、ヘラに持ち替えてサッと全体に混ぜ、    型に入れて表面を平らにならす。
(5)オーブンに入れて、170℃で30分~40分焼く。    ※竹串を刺してみて、生地が付いてこなければOK
(6)焼きあがったら、すぐに型から取り出してアルミホイルなどに    包んで冷まし、粗熱がとれたらビニール袋に入れて、    口を閉めて丸一日以上置く。 必ず丸一日は置くようにしましょう。焼きたては少しパサパサですが、 一日置くと、しっとり感が増してグンと美味しくなります。 一日目より、更に二日目はし~っとりです
マーガリンは、準備段階で室温に戻しておかなくても、混ぜ始めると すぐに柔らかくなるので大丈夫です。バターより扱い易いかも。 これならバター不足でも、安心してお菓子作りができますね。

紅茶のロールケーキ (別立てタイプ)

2008.05.12 (Mon)
いつもコメントくださるウシ子さんの「牛ヨメ日記」の、美味しそうな
ロールケーキに魅せられて、久っっっしぶりに作っちゃいました
今回は、ウシ子さんご紹介の「ふわふわロールケーキ」のレシピで チャレンジです 別立てなのでシフォンのようなふわふわ食感^^
紅茶の生地にして、クリームにプラムコンポートを加えてみました。 使った紅茶はセイロンベースのローズティーです。 紅茶のロールケーキ (別立てタイプ)
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 1本分(天板=23×27cm) <材料>
玉子……………4コ
砂糖……………60g
薄力粉…………40g
紅茶葉…………大1
★生クリーム………100ml
★砂糖………………大1
プラムコンポート…適宜
<下準備>
・プラムコンポートを用意する。 →《プラムコンポートのレシピ》  ※フルーツ缶でもいいし、なくてもOK!
・紅茶の葉はすりこぎで細かくして、小麦粉と合わせてふるう。
・天板にオーブンシートを敷いておく。
・オーブンを180℃に予熱する。 <作り方>
(1)ボールに卵黄、砂糖の半分量を入れ、白くもったりするまで    泡立てたら、小麦粉と紅茶葉を加えて混ぜる。
(2)別のボールに卵白を入れて泡立て、軽く角が立つくらいになったら    残りの砂糖を3回に分けて加えて、しっかり泡立ててメレンゲにする。
(3)(1)にメレンゲの1/3量を加えてよく混ぜ、残りのメレンゲも加えて    ふんわりと(且つムラのないようにしっかり)混ぜる。
(4)天板に生地を流しいれ、表面を平にならしたら、180℃で10分焼く。
(5)★を合わせてホイップクリームを作り、ケーキに塗り広げ、    プラムコンポートを散らして、オーブンシートごとクルクルと巻く。    ※巻き終わりになる部分には、クリームは薄く塗る。
(6)オーブンシートに包んだまま、冷蔵庫で1時間以上冷やす。 今までも、何度もロールケーキは作ってたのですが、どうも形がダメで カット面がおにぎり?みたいで、やる気を失ってました。 今までは、クリームを欲張ってたっぷり入れすぎてたのかも^^; でも今回は何とかそれらしく巻けましたにこ ウシ子さん、ありがとheart0

ストロベリーホットケーキ

2008.05.09 (Fri)
今日は、旦那どんが飲みに行ったので、急遽、一人ご飯。
何が食べたいかな~と考えてみると、浮かんでくるのはホットケーキ。 夕ごはんがホットケーキじゃ…と思い、何度も考え直したのですが、 いくら考えてもホットケーキのことしか考えられない!!! というわけで、栄養バランス無視の、ダメダメな夕ごはんとなりました^^; ストロベリーホットケーキ
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ <材料>
玉子……………………1コ
牛乳……………………200ml
砂糖……………………大2
小麦粉…………………150g
ベーキングパウダー…小1
塩………………………少々
溶かしバター…………小2
サラダ油………………少々

★生クリーム…………100ml
★砂糖…………………大1
いちご…………………適宜
ハチミツ………………適宜
<作り方>
(1)ボールに玉子を入れて溶き、牛乳、砂糖を加えて、    砂糖が溶けるまでよく混ぜる。
(2)小麦粉、ベーキングパウダー、塩を合わせて、ふるいながら    (1)のボールに加えて混ぜる。
(3)なめらかに混ざったら、溶かしバターを加えて混ぜる。
(4)フライパンにサラダ油を熱し、軽く油を拭き取ってから    生地を丸く流しいれ、中火で焼く。
(5)表面がぷつぷつしてきたら裏返し、反対側もこんがりと    色付くまで焼く。
(6)★を合わせてホイップを作り、ホットケーキにのせて(or横に添えて)    苺をのせ、ハチミツをかける。 ハチミツをかけて食べたかったので、生クリームは甘さ控えめです。 それと、今日は写真のためにこんな風にクリームと苺を飾りましたが、 本当はホットケーキの横に添えるのがオススメ。 最初にのせると、ホットケーキのほかほかでクリームが…写真の通り^^;
高校生の時、バイトしていたお店に、こんなメニューがあったんです。 何だか懐かしい気持ちでした。久しぶりに美味しかったなぁ…。

フルーツパブロバ ☆ ザ・リベンジ!

2008.05.07 (Wed)
パブロバ台
 
先日、失敗したパブロバ、リベンジです
外はサクサク、中はふんわりに仕上げるのが
このレシピのポイント! 今度は成功heart0
最初にパブロバを教えてくれた人に、
ちゃんとレシピを確認してきました。
パブロバの中でも、砂糖が少なめタイプですが、それでも結構甘いので、
クリームは極力甘さを控えめに、フルーツも酸味の強いものが合います。
今回はいちごと葡萄を使いました。 この葡萄は種無しで、皮ごと食べられるもので、酸味が強くて美味しいです。 いちごもイギリスのは酸味が強いので、パブロバ向きです。 フルーツパブロバ
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ <材料>
『パブロバ台』
 卵白…………………3コ分
 砂糖…………………80g
 レモン汁……………小1/2
『トッピング』
 ★生クリーム……………100cc
 ★砂糖……………………大1
 フルーツ…………………適宜
 ◆アプリコットジャム…適宜
 ◆湯………………………適宜
 ◆レモン汁………………少々
<下準備>
・オーブンを150℃に予熱する。
・天板にオーブンシートを敷いておく。 <作り方>
(1)ボールに卵白を入れて泡立て、軽く角が立つくらいになったら    砂糖を3回に分けて加え混ぜる。
(2)つややかになって、しっかり角が立ち、ボールを逆さまにしても    落ちないくらいのメレンゲになったら、レモン汁を加えて混ぜる。
(3)スプーンなどを使ってメレンゲをすくい、オーブンシートに    円形を作りながら丸く広げる。※真ん中を少しくぼませて
(4)オーブン最下段に入れて、設定温度を140℃に下げ1時間30分焼く。    ほんのり色がついて、スプーンで軽くたたいてみて、カシャっと    乾いた音がすればオーケー。しなければもう少し焼く。    ※オーブン庫内の温度が下がらないように、素早くチェック! 
(5)焼きあがったら、オーブンから出さずに、完全に冷めるまで    庫内に置いておく。※冷めていく時、ひびが入ってきたら成功
(6)★をあわせてホイップクリームを作り、パブロバが冷めたら    表面にクリームを塗って、フルーツを好きなように飾り、    ◆を合わせて簡単ナパージュをつくり、ハケなどを使って    フルーツの表面に塗る。 私は入れませんでしたが、レモン汁と一緒にコーンスターチを 小1/2程入れると、生地を更に強くする効果があるらしいです。
それと、最後に使うナパージュですが、寒天で作る方法もあります。 その場合、寒天…小1/4、砂糖…大1、水…1/2カップ、以上を煮立てて 砂糖を溶かすだけ。常温で固まり始めるので、粗熱がとれたら素早く 塗ります。余りは冷やして食べちゃいます^^

フルーツパブロバ

2008.05.01 (Thu)
パブロバはニュージーランドやオーストラリアの伝統的なスイーツ。
市販のパブロバ台は、砂糖菓子のようにカチカチに固いけど、本当の
手作りのパブロバはふんわりさっくり!
ちょっと久しぶりだったのですが、前回作った時は大成功だったし、 その時のメモを見ながらだったので、安心して作ってました。
フルーツパブロバ
・・・しかし・・・  大事な焼き時間を間違えました。。。 メモに1h30mと書いてあるのに、30分と見間違えてしまったんです。
焼き時間不足で、中がベタベタしてしまい失敗しました。 要リベンジです リベンジ後にレシピはご紹介します。
結局、今回はパブロバは眺めるだけで、上にのっている フルーツクリームだけ堪能しました。。。 悔しい

スフレチーズケーキ

2008.04.10 (Thu)
今夜は来客で、外ごはんしました。その代わり、食後のデザートに
食べようと、久しぶりにスフレチーズを焼いたのですが・・・

スフレチーズケーキ
スフレチーズケーキ
前回の成功した時のレシピで作ったのに、
焼いている最中なぜか膨らみ過ぎて、
←こんなボンバーな状態に!  ̄□ ̄ ガーン!

そして、冷めたら下の方が締まって、
下半分がベークドチーズのように
なってしまったんです。トホホ…
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 《スフレチーズケーキのレシピ》   ← 一応、こうなるはずだったレシピはコチラです。 反省…ん~何が違ったのか??? もしかしたらオーブンが変わったので 温度が高すぎたりしたのかもしれません。
それと、これは「前回と違う理由」とは別の話になりますが、 メレンゲを6分立てにすると、ひび割れしないらしいです。 今度はそれで試してみようかな。。。
結果…お客さんは、このケーキはそういうものなのだと思ったようで、 「これはジャパニーズスタイルなのか?ん~美味しいな~♪」と やたら気に入ってくれたので、結果的には「じゃーいっか^^」でした。

エスプレッソチーズケーキ

2008.01.25 (Fri)
ベークドタイプのチーズケーキを、ほろ苦いコーヒー味にしました。
ねっとり濃厚で、甘さ控えめ・・・大人味のケーキです!

エスプレッソチーズケーキ
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1コ <材料>
クリームチーズ………………100g 砂糖……………………………20g 玉子……………………………1コ ハチミツ………………………大1 生クリーム……………………100ml 薄力粉…………………………大2 インスタントエスプレッソ…大1 <下準備>
・クリームチーズは室温にもどす。
・オーブンを180℃に予熱する。
・型に油を塗って、オーブンシートを貼る。
・玉子をあらかじめ溶いておく。 <作り方>
(1)ボールにクリームチーズを入れ、クリーム状になるまで    ホイッパーで混ぜる。
(2)砂糖を加えて混ぜ、砂糖が溶けたら、溶き玉子を3回に分けて加え    なめらかになるまで混ぜる。
(3)ハチミツ、生クリームを加えて混ぜ、薄力粉もふるいながら加えて    混ぜる。
(4)生地大3を取り分け、インスタントエスプレッソを加えてよく混ぜ、    元の生地に戻し入れて全体に混ぜる。
(5)型に流し入れて、オーブンに入れ、180℃で40分焼く。    焼きあがったらそのまま冷まして、冷めたら型からはずし、    冷蔵庫で冷やす。 とても簡単なケーキです。食べる時にゆるめにホイップして ラム酒で香りをつけた生クリームを添えていただきます♪
焼き時間は家のオーブンでは40分でしたが、あくまでも目安なので 竹串などをさして様子を見てください。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。