パク旨☆ごはん日記

写真&簡単レシピで綴る、毎日のごはん記録

■ 煮もの・蒸し・茹で の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人参と油揚げの肉巻煮

2013.06.29 (Sat)
肉巻きソテーを作ろうと思って豚バラスライスを買ってきました。
パックから出してみると、なんと脂身がたっぷり隠れていました!!
「こんなお肉では脂っこいソテーになっちゃう…」としばし考え、
「そうだ脂身が多いなら、角煮みたいに煮込んでみよう!」と、
急遽予定変更してできたのがこちらです↓

   人参と油揚げの肉巻煮

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)人参は拍子切りに、油揚げも同じくらいの形で切っておく。
   にんにくは少し厚めにスライスする。
(2)豚バラ肉を広げ、人参と油揚げを乗せて、端からクルクル巻く。
(3)鍋にサラダ油を熱し、(2)の肉巻きの巻き終わりを下にして入れ、    転がしながら全体に焼き目を付ける。
(4)みりん砂糖、にんにく、醤油を入れてひと煮立ちさせたら、    火を弱めて落し蓋をしてコトコト30分くらい煮込む。 私の中では、肉巻きと言えばフライパンで焼くか、衣を付けて揚げる、 という感じだったので、こんな風に煮たのは初めてでしたが、 とても美味しく、家族の評価も上々でした!  脂も抜けるから、その分ヘルシーなのもいい点です
スポンサーサイト

唐揚げカレー

2009.02.12 (Thu)
カレーを作った数日後、何度か煮込み、具もすっかり溶けてしまって
味としては最高の状態になったカレー。
そこに改めてじゃが芋と人参だけを加え、唐揚げや茹で玉子などを
乗せて、残り物ではないぞ~と、スペシャル感を出してみました^^

   唐揚げカレー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)じゃが芋人参を乱切りにして炒め、残りカレーに加えて、
   柔らかくなるまで煮込む。
(2)茹で玉子を作る。
(3)鶏もも肉を適当な大きさに切り、おろしにんにくおろし生姜、    醤油をからめて、しばらく漬けおく。
(4)片栗粉小麦粉を半々で混ぜた粉をまぶして、180℃の揚げ油で    軽く揚げ、いったん引き上げる。    1~2分置いてから、今度は200℃で表面をカリッっと色よく揚げる。    いんげんは筋をとってヘタを落とし、素揚げにする。
(5)皿にご飯をよそり、いんげん、唐揚げをのせ、カレーをかけて、    茹で玉子を添える。 やっぱり好評でした♪ 家はカレー大好きなので、普通のカレーが続いても 全くオーケーですが、ちょっとおまけを付けると更に大歓迎になります!

イギリスカレー?

2009.02.10 (Tue)
いや、イギリス人がこんなカレーを食べてるなんて、聞いた事は
ないですが…。では、なぜイギリスカレーなのかと言いますと、
イギリス名物、生ブリティッシュソーセージとじゃが芋のカレーだから^^

   イギリスカレー?

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)万能カレールーを作る。 →《万能カレールーのレシピ》はコチラ
(2)玉ねぎはみじん切りに、じゃが芋は乱切りに、    ブリティッシュソーセージは2~3等分に切る。
(3)鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎを炒める。    透き通ってきたら、ソーセージを入れて焼き、    少し焼けてきたらじゃが芋も加えて炒める。
(4)万能カレールーを加えて、弱火でじゃが芋がホクホクに    なるまで煮込む。 もちろん、日本でブリティッシュソーセージは売ってないと思うので、 美味しいジャーマンソーセージなどで代用して、ジャーマンカレー? なんかにしてみてもいいかもしれませんね^^

カレー肉じゃが

2009.01.30 (Fri)
肉じゃがにカレー味をつけてみました!
お蕎麦屋さんのカレー味のような、和風カレー味です。
普通の肉じゃがもいいけど、カレー味も美味しいですよ~♪

   カレー肉じゃが

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)じゃが芋は大きめの乱切りに、玉ねぎはくし切りに、
   マッシュルームは半分に切る。
   いんげんは筋をとって端を落とし、半分の長さに切る。
(2)大きめの鍋にサラダ油を熱し、豚こまを入れて炒める。    ほぐれてきたら玉ねぎ、マッシュルームを入れて混ぜ、    カレー粉を加えて炒める。
(3)カレーの香りがたったらじゃが芋を加えて全体に混ぜ、    、ひたひたまでのだしの素醤油を加え、    ひと煮立ちさせてアクをとる。
(4)落し蓋をして、弱火で約1時間、じゃが芋にしっかりと    火が通って、味がしみ込むまで煮込む。    火を止める5分前に、いんげんを加える。 今日のじゃが芋は、いつになくホクホク具合が最高でした! あまりの美味しさに味見と言っちゃぁパクパク…パクパク… ついつい止まらなくて、夕飯前に1/3くらい食べてしまいました^^ゞ

あっさり豚野菜鍋

2009.01.22 (Thu)
豚バラスライスと野菜だけの水炊き系鍋です。
豚バラ好きの私は、これだけで充分満足♪満足♪
真ん中のタレをちょっと付けて食べるんですが、 ポン酢よりもご飯のおかずになります。 かなり醤油っぽい塩辛いタレなので、ちょっとだけ付けるか、 お好みで鍋のスープで薄めたりしていただきます。    あっさり豚野菜鍋 ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)白菜は5cm幅に切り、大根は1~2cm厚に切る。    椎茸は石づきをとって十字に切り目を入れ、    豚バラ肉は食べ易い大きさに切る。
(2)土鍋に昆布豚バラ肉を入れて火にかけ、    煮立ったらアクを取り除く。
(3)大根、椎茸、白菜を順に入れて、火が通るまで煮る。
(4)青ねぎを刻み、かつお節醤油と合わせて、たれを作り、    耐熱のカップなどに入れて鍋の真ん中に置く。 この大根を抜いて、鶏の手羽元、銀だら、豆腐を加えると、 私の実家の定番鍋になります。それはもう私にとっては最高の鍋! 真ん中にはやっぱりタレが、湯のみに入って鎮座していました^^

サーモンとお豆のシチュー

2009.01.21 (Wed)
シチューにサーモンのエキスが加わって、ちょっと北海道な味がします^^
お水はじゃが芋を煮る為だけに入れるので、極力少なくします。 8割くらいが牛乳なので、コクが増してとっても美味しいですよ♪    サーモンとお豆のシチュー ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)玉ねぎじゃが芋はざく切りにする。    サーモンは皮を取り、食べ易い大きさに切って    軽くをふり、小麦粉をまぶす。
(2)鍋にサラダ油を熱し、サーモンの表面をサッと焼き    いったん取り出しておく。
(3)鍋をペーパータオルで拭いて、新しいサラダ油を熱し、    玉ねぎ、じゃが芋を炒め、ひたひた位のを加えて蓋をし、    じゃが芋が柔らかくなるまで煮る。
(5)たっぷりの牛乳枝豆むき身レッドキドニービーン(金時豆)を    加えてひと煮立ちさせたら、いったん火を止めてルーを加える。
(6)ルーが完全に溶けたら再び火にかけ、塩こしょうで味を調える。 最近はルーを使わずに作ることが多かったシチューですが、 もらいもののルーがあったので、使ってみました。 久しぶりに使ってみると、やっぱりちょっとだけ楽チンですね^^♪
この金時豆の赤と、ミルクの白の組合せが妙に好きです。

チキンとと根菜のトマトシチュー

2009.01.15 (Thu)
冬は根菜を食べて、芯から身体を温めよう!ということで
根菜類を多めに入れたチキントマトシチューを作りました。
人参大好きな私は大満足だったのですが、旦那どんからは、
ちょっと多すぎると苦情が…^^;

   チキンとと根菜のトマトシチュー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)人参スウェードはサイコロ切りに、
   玉ねぎはざく切りに、にんにくはみじん切りにする。
   鶏もも肉は食べ易い大きさに切る。
   ※→スウェードはこんな野菜
(2)鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ、    香りがたったら玉ねぎを入れて炒める。
(3)玉ねぎが透き通ったら鶏肉を入れ、塩こしょうして炒め    表面の色が変わったら人参、スウェードも加えて炒める。
(4)小麦粉を振り入れて少し炒めたら、白ワインを加え、    トマト水煮を手でつぶしなが入れて、コンソメパウダー、    ケチャップトマトピューレも加えて混ぜ、弱火で30分ほど煮込む。 添えたライスは、コンソメパウダーを入れて炊いたご飯に、 バターを少し加えて混ぜただけの、手抜きバターライスです♪
ケチャップの量で、さっぱりタイプ、甘めのタイプと調節できます。 チキンだとどちらも美味しいですよね♪ ちなみに我が家は好みが別れるので、ちょうど間くらいで^^

牛ひき肉とほうれん草の豆腐あん

2009.01.13 (Tue)
これをご飯にドバァ~っとかけて、カッカッカ…と食べるんです。
行儀悪いですが、これが美味しいんです! 栄養もバッチリ☆
また男子の喜ぶメニューって言われそう^^

   牛ひき肉とほうれん草の豆腐あん

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)鍋に湯を沸かし、おろし生姜を入れ、牛ひき肉を加えて
   ほぐす。ひと煮立ちしたらアクを取る。
(2)三温糖少々だしの素オイスターソース醤油で味付け、    豆腐を手でくずして加え、15分ほど煮込む。
(3)食べ易い大きさに切ったほうれん草を加えてサッと煮、    水溶き片栗粉でとろみをつけ、皿に盛りつけラー油を    ひとまわしかける。 そんな下品な食べ方は…という方は、豆腐を大きめにして加えて 普通におかずとしてどうぞ^^

【おせち2009】黒豆みつ煮

2009.01.02 (Fri)
2008年おせちの時と、ほとんど同じ作り方ですが、残った時に
そのままデザートに使えるように、今回はお醤油は入れず、
みつ煮にすることにしました。

   【おせち2009】黒豆みつ煮

◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆

<材料>
 黒豆………200g(1カップ強)  水…………3カップ+α  三温糖……100g  塩…………ひとつまみ  重曹………小1/4 <作り方>
(1)黒豆はざるに入れて水洗いし、全ての材料と一緒に鍋に入れて、    火にかける。沸騰したら火を止めて粗熱をとり、黒豆を入れて    一晩そのまま置く。
(2)翌朝、火にかけてひと煮立ちさせてアクをとり、    水を半カップほど加える。
(3)ペーパータオルで落し蓋のようにして、弱火でコトコトと    豆が好みの柔らかさになるまで煮る。    火を止めて、そのまま一晩おく。
(4)黒豆だけを取り出して、煮汁を半分の量になるまで煮つめ、    冷めたら黒豆と合わせてタッパなどに入れて冷蔵保存する。 時間はかかっていますが、放っておくだけなので簡単♪ 気をつけるのは、常に煮汁が黒豆にかぶっているように見張ること。 煮汁が減ってきたら、その都度水を追加してあげるだけ。 こうするとふっくら艶のある黒豆が煮えますよ♪

【おせち2009】有頭海老の艶煮

2009.01.02 (Fri)
飾り用に煮たもの。市販のおせちとかに、よく入ってますよね。
本当は車海老ですが、ブラックタイガーで!
やっぱり頭が付いていると、ちょっとゴージャスに見えます♪

   【おせち2009】有頭海老の艶煮

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)海老は背わたをとって洗う。長いひげは切る。
(2)だし汁みりん醤油を鍋に入れて火にかけ、    沸騰したら少し煮詰めてから、海老を加えて煮る。
(3)海老に火が通ったら火を止め、煮汁に入れたまま冷まし、    タッパなどに汁ごと入れておく。 煮汁にいれたまま冷まし、そのまま煮汁に漬けておくことで、 海老の身はパサパサにならず、しっとり仕上がります♪

お煮しめ

2009.01.01 (Thu)
本当は食材ごとに煮たりするのが正しいのでしょうが、
私のお煮しめは、全部一緒に煮てしまう手抜きスタイル^^
お醤油味は薄めにするのが、私好みです♪

   お煮し

め

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

<下準備>
人参を扇形(お好みの飾り切り)に切る。  椎茸は石づきを落として、傘に切り目を入れる。  里芋は皮をむいて食べ易い大きさに切り、面取りをする。  ターニップ→こんな野菜)は皮をむいて食べ易い大きさに切る。
きぬさやは筋をとってサッと下茹でし、冷水にあげて  色止めして、飾り用に切る。
鶏もも肉は適当な大きさに切る。
高野豆腐はぬるま湯で戻し、水気を絞って拍子に切る。
こんにゃくはスライスして綱結びし、熱湯でサッと下茹でする。 <作り方>
(1)鍋にサラダ油を熱し、鶏肉を入れ、軽くをふって炒める。
(2)きぬさや、高野豆腐以外の食材を全て加え、だし汁を    加えてひと煮立ちさせる。
(3)アクをとって火を弱め、みりん醤油を加えて味付けし、    高野豆腐を加えて落し蓋をし、弱火で煮る。    ※里芋に火が通るまで
(4)鍋のまま冷まし、盛り付けの時にきぬさやを飾る。

平目の煮付け

2008.12.19 (Fri)
煮付けるなら、平目よりカレイの方が一般的ですが、
今回はブラック・ハリバットという、平目の切り身を使いました。
も~う、とろけるような柔らかい身は、最高!    平目の煮付け ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)生姜をスライスする。ねぎは白い部分を千切りにする。    じゃが芋は皮をむいて小さく切り、レンジで加熱しておく。    平目の皮に切り目を入れる。
(2)鍋に砂糖醤油、生姜、少々を入れて火にかけ、    沸騰したら平目を入れて、脇にじゃが芋も入れて    ペーパータオルで落し蓋をして、中火で10分ほど煮る。    ※魚の身が厚ければ、更に蓋もする
(3)蓋、ペーパータオルを取り、スプーンなどで煮汁を魚にかけながら、    そのまま弱火で煮付け、煮汁を煮詰める。
(4)火を止めて5分置く。※味をしみこませる為
(5)再度、火をつけて温めなおしたら、崩れないように気をつけて    皿に盛りつけ、じゃが芋も添え、煮汁をかけて白髪ねぎを飾る。 私が魚を煮付けようと思うのは、年に1度あるかないか^^; 煮魚って、食べれば美味しいと思うんだけど、どういうわけか あまり魅力を感じなくて、なかなか作る気になりません。 でも、今日は魚を見た瞬間、珍しくパッと煮付けが浮かんで、 食べたいなーって思ったんです。
大急ぎで作らなければいけない時間だったので、素早く作れる というのも魅力でした。
どうしてこの美味しさを、ちょっとするとすぐ忘れちゃうのかなー。 今度は覚えておこうと思います!

豚肉とターニップの白味噌煮

2008.12.16 (Tue)
豚バラ肉とターニップをピリ辛に煮込みました。
ターニップは、姿は「かぶ」の大きい版。 ※→ターニップ 大きさは季節などによってもまちまちですが、今回のはかなり大きくて、 1コでずっしり635gもありました! 煮込むとよく味がしみて、とろ~んと柔らかくなります。    豚肉とターニップの白味噌煮 ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)ターニップは皮をむいて、大きめの角切りに、    ラナービーンは縦に細切りにし、生姜はスライスする。    豚バラ肉は角切りにする。 ※→ラナービーン
(2)鍋に豚バラ肉、生姜、を注ぎ入れて火にかける。    沸騰したらアクをとる。
(3)だしの素白味噌で味付け、ターニップを加えて    ひと煮立ちさせ、沸騰したら火を弱める。    ※煮汁が少なければ水を足して具にかぶるようにする
(4)落とし蓋をして、ターニップが柔らかくなるまで、    弱火でじっくりと煮込む。 ※約1時間
(5)仕上がり5分前にラナービーンを加えて煮、器に盛り付け、    七味をたっぷりとふりかける。 いつも中華風とか、ピリ辛にしがちなのですが、今日はおとなしく シンプルな味噌煮にしてみました。こういう穏やかな味もたまには いいもんですね~。

ビーフシチュー

2008.12.11 (Thu)
どうにか作った(?)ビーフシチューです。
市販のルーは日系に行かないとないし、デミグラスソースは
何故かイギリスでは売ってません。
そこで!それらしいものを使って作ってみました。選ばれたのは… オニオングレービーの粉末と、固形のビーフブイヨンです。    ビーフシチュー ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)牛肉を大きめの角切りにする。    (イギリスの場合Stewing用で、日本の場合バラ肉 or もも肉で)
(2)鍋にサラダ油を熱し、牛肉を並べて、塩こしょうをふり、    こんがりと焼き色を付ける。
(3)赤ワインをたっぷりめに注ぎ入れ、肉にかぶるくらいのを加え、    沸騰したらアクをとって、弱火で1時間ほど煮込む。
(4)牛肉を煮込んでいる間に、にんにくセロリをできるだけ細かい    みじん切りにする。    小玉ねぎは皮を剥き、人参は乱切りにする。
(5)フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、セロリを中火で炒める。    透き通ってきたら三温糖を加え、薄茶色になるまで炒める。
(6)セロリのフライパンにサラダ油を足し、小麦粉を振り入れて、    こんがりきつね色になるまで炒め、肉の煮汁を少しづつ加えて    ソース状にのばし、肉の鍋に入れる。
(7)人参、小玉ねぎも鍋に加え、野菜ジュースポートワイン(あれば)を    注ぎ入れ、ひと煮立ちしたら手で崩したビーフブイヨン、    オニオングレービーの素ウスターソースで味付け、    お肉がほろほろに柔らかくなるまで弱火でコトコト煮込む。
(8)バター少々を加え、塩こしょうで味を調える。 地元のイギリス系スーパーでも手に入る、これらの材料だけでも、 ビーフシチューを作ることができました♪ しかし、注意ポイントがひとつ。グレービーの素には、とろみ付けが 既に入っているので、その分小麦粉を少なくしないといけなかったです。
牛肉の煮込み時間は、お肉のランクによりけりです^^; 今回使ったのは、Stewing用(煮込み用)で、煮込みが足りないと固くて 食べられないお肉で、とっても安いお肉です。しかし!しっかり煮込めば、 ほろほろに柔らか~くなって、シチューには最適のお肉なんですよ♪

牛ひき肉とじゃが芋のカレー

2008.12.04 (Thu)
いつもの手作りルーを使って、ひき肉とじゃが芋のシンプルな
カレーライスを作りました。具を全て細かくしたので、30分も煮れば
しっかり味がなじみます♪

   牛ひき肉とじゃが芋のカレー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)万能カレールーを作る。 →レシピはコチラ
(2)じゃが芋は角切りにする。
(3)フライパンにサラダ油を熱し、牛ひき肉を入れ、    塩こしょうをふって炒める。
(4)ほぐれたらじゃが芋を加えて炒め、万能カレールーを    加えてひと煮立ちさせ、火を弱める。
(5)かくし味に、ウスターソースを加えて塩で味を調え、    30分ほど煮込んで、具に味をなじませる。 入れる具の種類が少ないほど、カレールーの辛さがそのまま 残るので、今回のカレーはかなり辛口でした
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。