パク旨☆ごはん日記

写真&簡単レシピで綴る、毎日のごはん記録

カレー・シチュー系 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐揚げカレー

2009.02.12 (Thu)
カレーを作った数日後、何度か煮込み、具もすっかり溶けてしまって
味としては最高の状態になったカレー。
そこに改めてじゃが芋と人参だけを加え、唐揚げや茹で玉子などを
乗せて、残り物ではないぞ~と、スペシャル感を出してみました^^

   唐揚げカレー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)じゃが芋人参を乱切りにして炒め、残りカレーに加えて、
   柔らかくなるまで煮込む。
(2)茹で玉子を作る。
(3)鶏もも肉を適当な大きさに切り、おろしにんにくおろし生姜、    醤油をからめて、しばらく漬けおく。
(4)片栗粉小麦粉を半々で混ぜた粉をまぶして、180℃の揚げ油で    軽く揚げ、いったん引き上げる。    1~2分置いてから、今度は200℃で表面をカリッっと色よく揚げる。    いんげんは筋をとってヘタを落とし、素揚げにする。
(5)皿にご飯をよそり、いんげん、唐揚げをのせ、カレーをかけて、    茹で玉子を添える。 やっぱり好評でした♪ 家はカレー大好きなので、普通のカレーが続いても 全くオーケーですが、ちょっとおまけを付けると更に大歓迎になります!
スポンサーサイト

イギリスカレー?

2009.02.10 (Tue)
いや、イギリス人がこんなカレーを食べてるなんて、聞いた事は
ないですが…。では、なぜイギリスカレーなのかと言いますと、
イギリス名物、生ブリティッシュソーセージとじゃが芋のカレーだから^^

   イギリスカレー?

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)万能カレールーを作る。 →《万能カレールーのレシピ》はコチラ
(2)玉ねぎはみじん切りに、じゃが芋は乱切りに、    ブリティッシュソーセージは2~3等分に切る。
(3)鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎを炒める。    透き通ってきたら、ソーセージを入れて焼き、    少し焼けてきたらじゃが芋も加えて炒める。
(4)万能カレールーを加えて、弱火でじゃが芋がホクホクに    なるまで煮込む。 もちろん、日本でブリティッシュソーセージは売ってないと思うので、 美味しいジャーマンソーセージなどで代用して、ジャーマンカレー? なんかにしてみてもいいかもしれませんね^^

サーモンとお豆のシチュー

2009.01.21 (Wed)
シチューにサーモンのエキスが加わって、ちょっと北海道な味がします^^
お水はじゃが芋を煮る為だけに入れるので、極力少なくします。 8割くらいが牛乳なので、コクが増してとっても美味しいですよ♪    サーモンとお豆のシチュー ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)玉ねぎじゃが芋はざく切りにする。    サーモンは皮を取り、食べ易い大きさに切って    軽くをふり、小麦粉をまぶす。
(2)鍋にサラダ油を熱し、サーモンの表面をサッと焼き    いったん取り出しておく。
(3)鍋をペーパータオルで拭いて、新しいサラダ油を熱し、    玉ねぎ、じゃが芋を炒め、ひたひた位のを加えて蓋をし、    じゃが芋が柔らかくなるまで煮る。
(5)たっぷりの牛乳枝豆むき身レッドキドニービーン(金時豆)を    加えてひと煮立ちさせたら、いったん火を止めてルーを加える。
(6)ルーが完全に溶けたら再び火にかけ、塩こしょうで味を調える。 最近はルーを使わずに作ることが多かったシチューですが、 もらいもののルーがあったので、使ってみました。 久しぶりに使ってみると、やっぱりちょっとだけ楽チンですね^^♪
この金時豆の赤と、ミルクの白の組合せが妙に好きです。

チキンとと根菜のトマトシチュー

2009.01.15 (Thu)
冬は根菜を食べて、芯から身体を温めよう!ということで
根菜類を多めに入れたチキントマトシチューを作りました。
人参大好きな私は大満足だったのですが、旦那どんからは、
ちょっと多すぎると苦情が…^^;

   チキンとと根菜のトマトシチュー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)人参スウェードはサイコロ切りに、
   玉ねぎはざく切りに、にんにくはみじん切りにする。
   鶏もも肉は食べ易い大きさに切る。
   ※→スウェードはこんな野菜
(2)鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて火にかけ、    香りがたったら玉ねぎを入れて炒める。
(3)玉ねぎが透き通ったら鶏肉を入れ、塩こしょうして炒め    表面の色が変わったら人参、スウェードも加えて炒める。
(4)小麦粉を振り入れて少し炒めたら、白ワインを加え、    トマト水煮を手でつぶしなが入れて、コンソメパウダー、    ケチャップトマトピューレも加えて混ぜ、弱火で30分ほど煮込む。 添えたライスは、コンソメパウダーを入れて炊いたご飯に、 バターを少し加えて混ぜただけの、手抜きバターライスです♪
ケチャップの量で、さっぱりタイプ、甘めのタイプと調節できます。 チキンだとどちらも美味しいですよね♪ ちなみに我が家は好みが別れるので、ちょうど間くらいで^^

ビーフシチュー

2008.12.11 (Thu)
どうにか作った(?)ビーフシチューです。
市販のルーは日系に行かないとないし、デミグラスソースは
何故かイギリスでは売ってません。
そこで!それらしいものを使って作ってみました。選ばれたのは… オニオングレービーの粉末と、固形のビーフブイヨンです。    ビーフシチュー ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)牛肉を大きめの角切りにする。    (イギリスの場合Stewing用で、日本の場合バラ肉 or もも肉で)
(2)鍋にサラダ油を熱し、牛肉を並べて、塩こしょうをふり、    こんがりと焼き色を付ける。
(3)赤ワインをたっぷりめに注ぎ入れ、肉にかぶるくらいのを加え、    沸騰したらアクをとって、弱火で1時間ほど煮込む。
(4)牛肉を煮込んでいる間に、にんにくセロリをできるだけ細かい    みじん切りにする。    小玉ねぎは皮を剥き、人参は乱切りにする。
(5)フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、セロリを中火で炒める。    透き通ってきたら三温糖を加え、薄茶色になるまで炒める。
(6)セロリのフライパンにサラダ油を足し、小麦粉を振り入れて、    こんがりきつね色になるまで炒め、肉の煮汁を少しづつ加えて    ソース状にのばし、肉の鍋に入れる。
(7)人参、小玉ねぎも鍋に加え、野菜ジュースポートワイン(あれば)を    注ぎ入れ、ひと煮立ちしたら手で崩したビーフブイヨン、    オニオングレービーの素ウスターソースで味付け、    お肉がほろほろに柔らかくなるまで弱火でコトコト煮込む。
(8)バター少々を加え、塩こしょうで味を調える。 地元のイギリス系スーパーでも手に入る、これらの材料だけでも、 ビーフシチューを作ることができました♪ しかし、注意ポイントがひとつ。グレービーの素には、とろみ付けが 既に入っているので、その分小麦粉を少なくしないといけなかったです。
牛肉の煮込み時間は、お肉のランクによりけりです^^; 今回使ったのは、Stewing用(煮込み用)で、煮込みが足りないと固くて 食べられないお肉で、とっても安いお肉です。しかし!しっかり煮込めば、 ほろほろに柔らか~くなって、シチューには最適のお肉なんですよ♪

牛ひき肉とじゃが芋のカレー

2008.12.04 (Thu)
いつもの手作りルーを使って、ひき肉とじゃが芋のシンプルな
カレーライスを作りました。具を全て細かくしたので、30分も煮れば
しっかり味がなじみます♪

   牛ひき肉とじゃが芋のカレー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)万能カレールーを作る。 →レシピはコチラ
(2)じゃが芋は角切りにする。
(3)フライパンにサラダ油を熱し、牛ひき肉を入れ、    塩こしょうをふって炒める。
(4)ほぐれたらじゃが芋を加えて炒め、万能カレールーを    加えてひと煮立ちさせ、火を弱める。
(5)かくし味に、ウスターソースを加えて塩で味を調え、    30分ほど煮込んで、具に味をなじませる。 入れる具の種類が少ないほど、カレールーの辛さがそのまま 残るので、今回のカレーはかなり辛口でした

秋!きのこたっぷりチキンカレー

2008.11.30 (Sun)
地元で手に入るきのこを3種類入れて、いつもの万能カレールーで
チキンカレー! きのこ類は大きめに切ってたっぷり入れ、歯ごたえを
楽しみました♪ 秋ももうすぐ終わりですが、秋のカレーです

   秋!きのこたっぷりチキンカレー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)万能カレールーを作る。→ 《万能カレールーのレシピ》
(2)マッシュルーム椎茸まいたけを大きめに切る。    鶏もも肉は食べ易い大きさに切る。
(3)フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を入れて塩こしょうをふり、    両面をこんがりと焼いたら、きのこ類を全て入れて炒める。
(4)鍋に、(3)、万能カレールーを入れ、弱火で煮込む。
ルーを作る段階でじっくり煮込んであるので、煮込み時間は 具とルーがなじむ程度でオーケー。今日は1時間ほど煮込みました。

カツカレー

2008.11.12 (Wed)
また、万能カレールーを作りました。
今度は、具を入れずに、そのままカツカレーにしてみました。
今まで、カツカレーというと、カレーライスとして食べた後、
残ったカレーを使って…という風にしか作ったことなかったのですが、
具を入れずにカレールーだけをかけると、なかなか本格的に見える^^♪

   カツカレー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)万能カレールーを作る。
   レシピはコチラ→《万能カレールーのレシピ》
(2)玉子液を用意する    玉子を溶いて、同量程度のを加えて混ぜ、    小麦粉を少しづつ加え混ぜながら、ポタージュ状にする。
(3)豚肩ロースは包丁の背で叩いて、筋を切り、塩こしょうをして、    玉子液、パン粉の順に衣を付ける。
(4)180℃に熱した揚げ油でとんかつを揚げ、食べやすく切る。
(5)ご飯をよそってとんかつを並べ、万能カレールーをかける。 今日の豚肩ロース肉は、とんかつ用にするには少し薄め、幅も細め だったので、2枚入れました。カツカレーにするときって、衣薄めで、 さくさくというより、カリカリにした方が合うと思います♪
カツカレーを作るのは何年ぶり?という感じでしたが、今までで一番 美味しくできました。またすぐ食べたいな~

ビーフストロガノフ

2008.10.12 (Sun)
ビーフストロガノフといえば、サワークリームがポイントですが、
今回はサワークリームをわざわざ買わずに、家にあった生クリームと
プレーンヨーグルトで代用しちゃいました。

   ビーフストロガノフ

◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆

<材料>
牛もも肉…………300g
にんにく…………1カケ
玉ねぎ……………2コ
マッシュルーム…5コくらい

バター……………大2
小麦粉……………小2
ヨーグルト………1/2カップ
生クリーム………1/4カップ
塩こしょう………少々
★水……………………1カップ
★白ワイン……………1/2カップ
★コンソメパウダー…大1
★ブーケガルニ………1袋
★トマトピューレ……大1
★トマトケチャップ…大2~3
<下準備>
 ・牛もも肉、玉ねぎは5mm幅の細切りにする。
 ・にんにくはみじん切りに、マッシュルームはスライスする。 <作り方>
(1)鍋にバター、にんにくを入れて火にかけ、香りがたったら、    牛肉、玉ねぎ、マッシュルームを順に入れて炒める。
(2)野菜に軽く火が通ったら、小麦粉を振り入れて更に炒める。
(3)★の材料を全て加え、ひと煮立ちしたらアクを取り、    弱火で30分~1時間煮込む。※肉が柔らかくなるまで
(4)最後にヨーグルト、生クリームを加えて仕上げ、塩こしょうで    味を調える。 ビーフストロガノフは、ロシア人シェフが考え出した料理だそうですが、 広めたのはフランス人で、スタイルが2つあるそうです。ロシア風は トマトを入れないソースで、もっと白っぽいもの。トマトを入れるのは フランススタイルだそうです。
…ということは、今回のはフランス風ってことですねー

さつま芋とベーコンのクリチーシチュー

2008.10.07 (Tue)
   さつま芋とベーコンのクリチーシチュー(ライス)
ほっくりホクホクのさつま芋と
ベーコン、甘い玉ねぎのシチュー、
クリームチーズ味です!

←旦那どんはライスバージョン。
↓私はフィットチーネで♪
   さつま芋とベーコンのクリチーシチュー ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)さつま芋は皮をむいて食べ易い大きさに切って水にさらす。    玉ねぎはざく切りに、ベーコンは3cm幅に切る。
(2)鍋にサラダ油を熱し、ベーコンを炒め、野菜も加えて全体に    サッと炒めたらを加えてひと煮立ちさせる。
(3)火を弱め、アクを取りながらさつま芋が柔らかくなるまで煮る。
(4)ボールにクリームチーズを入れ、煮汁を少し足して溶かし、    ヨーグルトくらいの固さにしたら、小麦粉をふるいながら    少しづつ加えて混ぜる。
(5)更に煮汁を少しづつ加えて液状にのばし、鍋に加え入れ、    コンソメパウダーブラックペッパーで味を調え、    少し煮込む。 本当はシチューのルーとクリームチーズで作るつもりだったのですが、 いざルーを入れようという段階でルーのないことに気付いたんです。 そこでちょっと実験してみたくなり、小麦粉をクリームチーズに混ぜて みるという荒技に出てみました。
結果的にはいい感じでなめらかになったし、小麦粉臭さも全く残らず、 美味しく仕上がりました。結構使える手抜き技かも^^♪
完全に目分量なので正確ではないですが、今回は3皿分のシチューに、 クリームチーズ約150g、小麦粉は小さじ2杯程度入れました。ご参考まで。

ポークボールとポロねぎのミートソース煮

2008.09.22 (Mon)
この前のミートソースの残りを利用したソースで、
豚肉で作ったミートボールを煮込みました。
ん?ミートでミート? ̄□ ̄ ま、ま、いっか…。
ポークボールは、今日は肉肉した食感にしたかったので、ワインや パン粉は入れず、でもモソモソしないようにマヨネーズを入れました。 しっかりお肉の歯ごたえがあるけど、ジューシーな仕上がりです! ポークボールとポロねぎのミートソース煮 ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)玉ねぎにんにくはみじん切りにする。    セロリは斜めスライスにし、ポロねぎは小口切りに、    人参は乱切りにする。
(2)ボールに玉子を入れて溶き、豚ひき肉マヨネーズ、    塩こしょうを加えて、全体に粘り気が出るまでよく練り混ぜ、    玉ねぎ、にんにくも加えて混ぜたら、ゴルフボール大に丸める。
(3)サラダ油を熱したフライパンに入れ、転がすようにして    表面をこんがりと焼いて、皿に取り出しておく。
(4)鍋にオリーブオイルを熱し、セロリを炒める。    しんなりしたら人参、ポロねぎも加えて炒める。
(5)白ワインを入れてひと煮立ちさせ、アクをとったら、    コンソメパウダーミートソースの残りドライバジルを    加える。※《ミートソースのレシピ》 ←コチラ
(6)沸騰手前で火を弱めて1時間煮込み、ソースを程よく煮詰め、    塩こしょうで味を調える。
(7)皿に盛り付け、生クリーム少々をかける。 牛ひき肉でも美味しいと思いますが、ポークやチキンの方が、 あっさり軽いですね♪
ご覧の通り、フィットチーネを添えてみたのですが、それよりも 白ご飯にピッタリ! スプーンにご飯と一緒にのせて食べたら、 もぅ止まりませ~ん

ミートボールとパプリカのトマトシチュー

2008.08.31 (Sun)
トマト水煮を使った、サラっとしたシチューです!
大きな袋に入ったパプリカが、超お買い得だったので、つい購入。 それから「さぁ~て何作ろうか?」と、、、あれこれ迷った結果、 まずはパプリカたっぷりのトマトシチューを作ることにしました。
スプーンにすくって口に近づけた時、ふわ~っと洋食レストランの いい匂いがするんです♪ 一口食べるごとに、ハァ~いい匂~い って吸い込んでました^^ ミートボールとパプリカのトマトシチュー ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)にんにくセロリはみじん切りにする。    玉ねぎはミートボール用にみじん切りに、具用に細切りにする。    パプリカはヘタと種を取り除いて細切りにする。
(2)ボールにパン粉牛乳を入れてふやかしたら、牛ひき肉、    玉ねぎみじん、塩こしょうナツメグ少々、赤ワインを加えて、    よくこね混ぜる。ピンポン玉サイズに丸めておく。
(3)鍋にサラダ油を熱し、丸めたミートボールだねを入れて    強火で表面をこんがりと焼き、いったん皿に取り出しておく。    ※火は中まで通さなくていいので、とにかく表面を焦げ気味に!
(4)サラダ油少々を足して、にんにく、セロリを炒め、くったりしたら    具用の玉ねぎ、パプリカも加えてよく炒める。
(5)赤ワイン、トマト水煮缶(汁ごと)、を入れてひと煮立ちさせ、    コンソメパウダー、塩こしょう、トマトピューレケチャップ少々を    加えて味付ける。※ケチャップは隠し味程度に。
(6)ミートボールを戻し入れて弱火にし、浮いてくるアクと脂を    丁寧に取りながら、蓋をせずに40分ほど煮込む。 おかわりの時、いつもなら野菜はあんまり足さないでっていう旦那どんが、 今回は「これ、野菜が旨いんだよね~」って、野菜を希望!!! これにはビックリしました。長年一緒にいるけど、初めて聞いた言葉ですv

ラディッシュのサラダシチュー

2008.08.15 (Fri)
今週作ったミルクスープの変形で、シチューを作ってみました。
この、ラディッシュのうっすらピンクが可愛いポイントはーと
まるでサラダのような具で、しかも野菜のみのシチューなので サラダシチュー。スープ代わりのあっさりシチュー、イケますよ^^b ラディッシュのサラダシチュー ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)セロリは筋をとって斜め切りに、ラディッシュは半分に切る。    キャベツはざく切りにして、水にさらしておく。
(2)鍋に、セロリ、ラディッシュを入れて火にかけ、    沸騰したら火を弱めて、野菜が充分柔らかくなるまで煮る。
(3)キャベツを加えて軽く煮込み、牛乳を加え、    沸騰手前で火を止めて、シチューのルーを加える。
(4)コンソメパウダー塩こしょうで味を調え、再び火にかけて    軽く煮込む。 お肉類が入ってないので、コンソメパウダーで少し味付けしました。 シチューのルーは少なめに入れて、サラっと仕上げるのがコツです!
イギリスは、もうこのまま秋?かと思う肌寒さなので、 温かいシチューも、もう全然オーケーという感じです。
わたしのご自慢シチュー応募中♪
 レシピブログの
「ご自慢のシチューレシピ」
 応募してみちゃいました~!

ビーフとマッシュルームのカレー

2008.08.13 (Wed)
また、カレー作っちゃいました^^ 
でも振り返ってみたら、牛肉のカレーは久しぶり。
やっぱりビーフだと、他のカレーとは違う旨みが出ますね♪

ビーフとマッシュルームのカレー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)万能カレールーを作る。→ 《万能カレールーのレシピ》
(2)玉ねぎは1cm幅の細切りにし、マッシュルームは大きいものは    半分に切る。牛肉は角切りにして、軽く塩こしょうしておく。
(3)フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを炒め、透き通ってきたら    マッシュルームを加えて炒め、いったん取り出しておく。
(4)フライパンにサラダ油を少し足し、牛肉の表面をこんがり焼いたら、    赤ワインを加え、蓋をして少し柔らかくなるまで蒸し焼きにする。    ※高級な牛肉を使った場合は、焼くだけでオーケー^^;
(5)鍋に、牛肉、野菜、万能カレールーを入れ、弱火で煮込む。    ※煮込み時間は牛肉次第、2~3時間ほど 今回は安い牛ブロックを使ったので、じっくり煮込みました。 お肉の様子を見て、味がしみて柔らかくなるまで、という感じで。 3時間ほど煮込んだので、お肉はとろとっろに柔らかくなりました♪

シーフードカレー

2008.07.16 (Wed)
冷凍のシーフードミックスと、先週作った万能カレールーで作りました。
シーフードはサッと炒めて、最後に加えるだけです♪

シーフードカレー

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

<下準備>
カレールーを作る。→ 《万能カレールーのレシピ》
玉ねぎはくし切りに、マッシュルームは大きければ切る。  にんにくはみじん切りにする。
シーフードミックスは、白ワインをふりかけて解凍しておく。 <作り方>
(1)フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを炒める。    透き通ってきたらマッシュルームも加えて炒め、    カレールーに加えて、玉ねぎが柔らかくなるまで煮込む。
(2)新しいフライパンにサラダ油、にんにくを入れて火にかけ、    香りがたったら、シーフードミックスを入れて炒め、    汁を残して、具だけカレーの鍋に加える。
(3)フライパンに残った汁を煮詰めてカレーに加えて混ぜる。 シーフードを加えた後は、煮込むと小さくなったり、硬くなったり するので、サッと混ぜるだけで火を止めます。
シーフードカレーはかなり久しぶりでした 今度はもっと立派なシーフードで作りたいな... やっぱ大海老かな
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。