パク旨☆ごはん日記

写真&簡単レシピで綴る、毎日のごはん記録

■ スイーツ の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインのカフェチョコデザート

2014.01.31 (Fri)
家にあったプラリネチョコも利用して、バレンタインのチョコデザートを
作ってみました
文字で見ると複雑そうですが、作業は意外と簡単。 コーヒーゼリーは、インスタントコーヒーや市販のゼリーを使えば、さらに簡単!    バレンタインのカフェチョコデザート ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ ・・・チョコムースを作る・・・
 (1)鍋に生クリーム(50ml)を入れて弱火にかけ、温まったら湯銭で溶かした     プラリネチョコ(60g)を加えてよく溶かし、ボールに移しておく。
 (2)別のボールに卵白グラニュー糖を入れて泡立て、固いメレンゲを作り、     (1)のボールに3回くらいに分けて少しづつ加えて混ぜる。     ※気泡をつぶさないようにふんわり混ぜる
 (3)グラスに入れて冷蔵庫で冷やし固める。 ・・・コーヒーゼリーを作る・・・
 (1)ボールに熱湯(大3)粉ゼラチンを入れてよく混ぜて溶かす。     ※すぐ溶けるゼラチンを使用。
 (2)コーヒーを入れて200ml用意し、(1)のゼラチンに加えて混ぜ、     型に入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷し固める。
 (3)固まったらスプーンなどで混ぜて、クラッシュゼリーにする。 ・・・仕上げ・・・
 (1)ムースを入れて固めたグラスの中に、ゆるめに泡立てた生クリームを乗せ、     その上にクラッシュゼリーをかさね、ラム酒をかける。 使ったチョコレートはプラリネが入ったタイプのものだったので、 どうなることやら…と思ったけど、問題なかったです。 ただ、その分めちゃくちゃ甘く仕上がりました。
実は最初はムースのみの予定だったんだけど、あまりの甘さに 苦めコーヒーのゼリーがのることになったんです。 生クリームにもお砂糖はほとんど入れてません。
スポンサーサイト

パパイヤパフェ

2009.08.07 (Fri)
パパイヤをいただきました♪ そのまま食べるのもいいですが、
たくさんあったので、一部はパフェにしてみました!

   パパイヤパフェ

入っているのは…
プレーンヨーグルトレモン汁をからめたパパイヤバニラアイスコーンフレーク 以上です。 さっぱり系のさわやかなパフェになりました。 レモンやオレンジのシャーベットを使っても、更に爽やかでいいかも~はーと

ビターガナッシュキューブ

2009.02.13 (Fri)
簡単すぎるほど簡単!でも口に入れるとスーっと溶けて
すっごい美味しいんです♪ 生チョコと同じ?ですね。
今年のバレンタインは、お手軽なこれに決定はーと
ビターチョコを使って、洋酒も効かせて、大人味に仕上げました。

   ビターガナッシュキューブ

◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 1.5cm角×30コ分

<材料>
ビターチョコ………120g
生クリーム…………50ml
無塩バター…………10g
コーヒーリキュール…小2
ウィスキー……………小1
純正ココアパウダー…適宜
<作り方>
(1)チョコレートを包丁で粗めに刻んでおく。
(2)鍋に無塩バター、生クリームを入れて火にかけ、    弱めの中火で温める。
(3)沸騰直前で火を止め、チョコレーをを加え、完全に溶けて    なめらかになるまで、そっと混ぜる。
(4)粗熱をとってから、ラップなどを敷いたバットに流し入れ、    冷めたら冷蔵庫に入れて冷やし固める。
(5)取り出して1.5cm角のキューブにに(好みのサイズに)切る。    ビニール袋にココアパウダーを茶漉しでふるいながら入れ、    ガナッシュを少しづつ入れてパウダーをまぶす。 パクっとつまめるミニミニサイズにしました。 コーヒーに良く合います♪ ちっちゃいからって食べすぎ注意ですぞ^^b

くるくる大福

2009.02.02 (Mon)
無性にもちもち系の和菓子が食べたくなって、大福作りました!
でも、大福包むのって結構コツがいりますよね!? いつも何とか包むけど、結構苦労します。。。 そこで、こんな方法はどうでしょう? くるくる巻くだけの手抜き法! これだと簡単♪簡単^^v    くるくる大福 ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <材料>
団子の粉……100g
砂糖…………50g
水……………150ml
こしあん………100g
<作り方>
(1)こしあんを10gづつにして丸めておく。    ※参考レシピはコチラ→ 《レンジで簡単! こしあん》
(2)耐熱容器にだんごの粉、砂糖を入れて混ぜ、    水を加えて、泡立て器でよく混ぜる。
(3)ラップをして電子レンジで5分ほど加熱する。    ※全体が半透明になっていればオーケー。     真ん中に白いものが残っていればもう少し加熱する
(4)水で濡らした菜箸などで、ぐるぐるとなめらかになるまで    よくかき混ぜる。※菜箸が折れないように注意!
(5)片栗粉を広げたバットなどに取り出し、粗熱が取れたら    10等分に分ける。それぞれを細長めの楕円にのばし、    丸めた餡を真ん中に乗せて、端からくるくると巻く。 アッという間に出来ちゃう、超簡単大福でした♪ 参考レシピとしてリンク貼った「こしあん」は、普通に甘いです。 甘さ控えめにしたい場合は、お砂糖の量を調節してみてくださいね!

マロンパウンドケーキ

2009.01.20 (Tue)
この前ご紹介したマロングラッセ風栗煮を、また作ったので、
今日はこれを使って、「アメリカごはん」のSalaさんが作っていた
栗とくるみの木の実のケーキのレシピで、パウンドケーキを焼きました。
Salaさんのレシピでは、名前の通り、栗と木の実が入るのですが、 栗煮をたくさん作ったので、私は栗のみで作ってみました♪
(↓ちょっと逆さまに網に乗せておいたら、変な後がついてしまった…)    マロンパウンドケーキ    ↓私の場合の材料と、作り方を記録として載せておきます。 ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 10×20cmパウンド型1コ分 <材料>
 無塩バター………………60g
 三温糖……………………80g
 塩…………………………2つまみ
 サラダ油…………………大2
 生クリーム………………大2
 ブランデー………………大1
 玉子(L)…………………2コ
 バニラエクストラクト…小1
 小麦粉……………………100g
 片栗粉……………………20g
 ベーキングパウダー……小1.5

 マロングラッセ風栗煮…100g
 栗煮の煮汁………………大1
<下準備>
・材料を全て冷蔵庫から出し、常温にしておく。  粉類を合わせて振るっておく。
・マロングラッセ風栗煮を適当な大きさに刻む  ※→マロングラッセ風栗煮のレシピはコチラ
・ブランデーと玉子を合わせて、よく溶いておく。
・オーブンを170℃に予熱する。
・パウンドケーキ型に、バターを塗ってシートを敷く。 <作り方>
(1)無塩バター、三温糖、塩をボールに入れ、ハンドミキサーで    しっかり混ぜ(最初は飛び散るので手動で…)、ふんわりと    白っぽくなったら、サラダ油、生クリームも加えて混ぜる。
(2)玉子を4~5回に分けて加え、その都度よくかき混ぜる。    最後にバニラエクストラクトも加えて混ぜる。
(3)合わせておいた粉類を2~3回に分けて加え、さっくりと混ぜたら、    1/3を型に入れ、栗、生地、栗、生地と交互に重ね入れて、    軽くトンと落として空気抜きをする。
(4)オーブンに入れ、170℃で30~40分焼いて、竹串で火の通りを    チェックし、生地がついてこなければ出来上がり。    粗熱をとって、栗の煮汁をハケで塗り、ビニール袋などに    すっぽりと入れて保存する。 最後にお酒を塗るところを、栗煮の煮汁で代用しました。 こちらもブランデーとラム酒の香りたっぷりなので、良かったです♪
焼いているときの香りが、いつにも増して堪りませんでしたはーと しっとりふんわりに仕上がって、大満足♪ Salaさんどうもありがとー。

クリスマスケーキ 2008

2008.12.29 (Mon)
クリスマス休暇も終わり、戻ってまいりました~(o^_^o)ゞ
遅ればせながらクリスマスケーキを記録としてアップします。
今年のクリスマスケーキは、ココアスポンジにいちごをサンド (カット面の写真は、すっかり撮り忘れてしまいました…^^;) デコレーションはどうも苦手なので、できるだけシンプルに。 手前のお花は市販品で、砂糖で出来たデコレーションアイテムです。    クリスマスケーキ 2008 ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1コ <材料>
生クリーム…………………150ml
グラニュー糖………………大3(約30g)
バニラエクストラクト……小1
    ※エッセンスなら数滴
ココアスポンジケーキ…1台

洋梨(缶)…………………適宜
いちご……………………適宜
<作り方>
(1)まずココアスポンジケーキを用意して、2枚にスライスする。    レシピはコチラ→ 《クリスマスケーキ 2006》
(2)生クリームとグラニュー糖をボールに入れて泡立て、    バニラエクストラクトも加えて、7分立てにホイップする。
(3)いちごは1/2~1/4に切り、洋梨はスライスする。
(4)スポンジケーキを2枚並べ、上面にシロップをハケで塗る。    片方に生クリームを広げ、その上にいちごを並べて、    更にたっぷりの生クリームをのせて広げる。    ※シロップは洋梨缶のシロップを使用
(5)もう一方のスポンジを、その上に重ね(シロップを塗った側を下に)    最上面にもシロップを塗る。
(6)クリームを上面、側面に塗ったら、好きなようにクリームを絞ったり    フルーツを並べてデコレーションする。 前日に焼いておいたココアスポンジに、朝のうちにデコレーションして 冷蔵庫に置きました。そうするとクリームの水分をスポンジが程よく 吸って、更にしっとり美味しいケーキになります♪ スポンジケーキは必ず前日に焼きましょう!

ブランデーマロンマフィン

2008.11.28 (Fri)
先日の「マロングラッセ風…栗煮」、写真には、崩れてないキレイな
栗だけを選んで写しましたが、割れてしまった栗も結構ありました。
その栗チャンクを使って、ブランデーの香り漂う大人なマフィンを 作りましたぁ~! 焼きたての表面は香ばしく、中はふんわりもっちり?という感じ。 甘さ控えめ生地に甘~いマロンと、甘~いアイシングが美味しぃです!    ブランデーマロンマフィン ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 小さめ×5コ分 <材料>
薄力粉……………100g
ベーキングパウダー…小1
三温糖……………大3
塩…………………少々
玉子(M)………1コ
マーガリン……大2
サラダ油………大2
牛乳……………大4
ブランデー……大1
栗煮(くず)……50g

栗の煮汁………適宜
粉砂糖…………適宜
※栗煮の作り方はコチラ→ 《マロングラッセ風…栗煮》 (手抜きバージョン) <下準備>
・オーブンを200℃に予熱する。 ・マフィン型トレイにペーパーカップをセットする。 ・粉類を合わせてふるい、三温糖を混ぜておく。 ・マーガリンは溶かして粗熱をとっておく。 <作り方>
(1)玉子を溶いて、マーガリン、サラダ油、牛乳、ブランデーを混ぜる。
(2)粉類を合わせたところに(1)を注ぎ入れて、手早く、さっくりと混ぜ、    栗煮(くず)も加えて混ぜる。
(3)スプーンなどを使って、マフィンカップに入れ、オーブンで    15分焼いたら、2~3分そのまま置いて、型から取りだし、    網の上に出して冷ます。
(4)粉砂糖に栗の煮汁を少しづつ加えてアイシングを作り、    マフィンの上にたらす。
↓中はこんな感じ
ブランデーマロンマフィン

バターではなく、マーガリンやサラダ油で
作っているので、ケーキのようなポロポロと
崩れるような仕上がりのマフィンではなく、
もう少しふんわりもっちり系です。
ケーキっぽいマフィンに、イングリッシュ マフィン(朝○ックとかのアレ)のもっちりが 少~し加わったような食感です。

マロングラッセ風…栗煮

2008.11.25 (Tue)
先日、缶詰めの栗を使って、マロングラッセ風…栗のブランデー煮を
作りました。「栗を買ってきて、皮を剥いて茹でる…」ここを省略して、
超手抜き法です^^
缶詰めの栗は、元々柔らかくなっているので、あまり長く煮すぎると ほろほろになってしまいそうだと思い、1時間しか煮てません。 だから、アッという間にできちゃいます♪    マロングラッセ風…栗煮      ↓使ったのは、こんな缶詰め。(クリックで拡大)       鬼皮を剥いて、かすかに甘い程度に茹でてあり、       そのまま食べられる状態になっています。
     栗缶
栗缶
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <材料>
 茹で栗(缶)……240g
 三温糖…………100g
 水………………150ml
ラム酒…………50ml
ブランデー……50ml
<作り方>
(1)鍋に栗、三温糖、水、ラム酒を入れて火にかけ、    軽く煮立ったら火を弱めて、1時間煮込む。
(2)ブランデーを加えて、鍋を回すようにしてそっと混ぜ、    そのまま冷ます。 出来立ての熱いうちはホロホロしてますが、冷めると栗が引き締まって ねっちりとした感じになり、柔らかめのマロングラッセになります。 数日間経つと、中まで味がしみて美味しくなります♪

りんごの濃厚チョコケーキ

2008.11.13 (Thu)
濃厚ずっしりチョコレートのケーキに、酸味の強い青りんごが
ちょうどよいアクセントです。
まるでトリュフのような食感の、ヘビーなケーキになりました。    りんごの濃厚チョコケーキ ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 20cm×9cm角型×1コ分 <材料>
 りんご(小)……3コ
 レモン汁………大1
★三温糖…………大1
 板チョコ………120g
 ウィスキー……大2
 サラダ油………大2
 玉子……………1コ
◆三温糖…………40g
 小麦粉…………50g
<下準備>
・りんごは皮をむいて芯を取り、2~3cm角に切って鍋に入れ、  レモン汁、★の三温糖をかけて蓋をし、弱火で軽く煮込む。  表面が透き通り始めたら蓋をとって強火で煮つめ、  炒めるようにしてキャラメライズする。皿に出して冷ます。
・オーブンを170℃に予熱しておく。
・型にバターを塗り、オーブンシートを貼る。 <作り方>
(1)板チョコを適当に小さく割ってボールに入れ、    湯煎で溶かし、ウィスキー、サラダ油を入れて混ぜる。    ※レンジで溶かしてもOK
(2)別のボールに玉子を割りいれ、◆の三温糖を加えて    ハンドミキサーでもったりするまでよく混ぜる。
(3)チョコのボールにふるった小麦粉を加えて混ぜ、    (3)の玉子を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。    ※最後は底から救っては落とす…を繰り返してふんわりと
(4)りんごも加えてサッと混ぜたら、型に流し入れて、    軽くトントンと空気抜きをし、170℃で30分焼く。
(5)粗熱がとれたら型からはずし、ラップでくるんで冷ます。    そのまま丸1日置いてしっとりさせる。 使うチョコレートによって、甘さ、風味は全く違う感じになると思います。 今回も、いつもの「カカオ70%ダークチョコ」を使ったので、濃厚だけど、 ほろ苦な仕上がりです。コーヒーによく合います(^^*)b

ダブルチョコクリスピー

2008.11.09 (Sun)
輪っかの形の玄米シリアル「Weetos」を使った、大人用チョコクリスピー。
見た目は子供のお菓子っぽいけど、実はとってもビターです。 シリアルもほんのり甘い程度のものだし、チョコはカカオ70%のビター を使っているので、仕上がりは「ほろ苦」なのです^^    ダブルチョコクリスピー ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 31×23cmバット×1枚分 <材料>
ビターチョコレート…180g
シリアル………………200g
 ※シリアルは、玄米フレークや
  コーンフレーク、ライスクリスピーなど、
  甘くないものなら何でもオーケー。 
<作り方>
(1)板チョコレートを適当に割ってボールに入れて    湯煎で完全に溶かし、シリアルを入れて混ぜる。
(2)バットに広げて平らにならし、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて    冷やし固める。
(3)バットから取り出し、包丁と手を使って食べ易い大きさにばらす。    ※まっすぐ切るのは無理なので、包丁でざっくり切って、     手で細かく割っていくような感じで… 以上^^ 簡単だし分量も適当でいいので、レシピなんていらないのですが、 一応メモとして残しておきます。
外国では、この類のお菓子は完全に子供向けの甘ったるいのばっかりだし、 ビターチョコで出来ているチョコレート菓子自体、ほとんどありません。 でも、家はビターチョコ大好きなので、たまにこういうのたっぷり作って、 ストックしておいてます♪

かぼちゃのベイクドケーキ

2008.10.30 (Thu)
・・・と言っても、ケーキって感じじゃない、でもプリンでもない。
思いつきでどんどん色々入れて、出来上がった不思議なものです。
シンプルにかぼちゃっぽさが味わえるデザートです♪
肝心の味ですが、まずはかぼちゃ味が濃厚。クリーミーで甘さ控えめ、 食感はベイクドチーズケーキのようなしっとり、ねっとりした感じです。 スイートポテトのかぼちゃ版を、なめらかプリンと足して2で割ったような 感じ???とも言えます。 分かりにくいですかね^^;
とにかく、秋の味覚かぼちゃたっぷりの美味しいデザートです    かぼちゃのベイクドケーキ ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ <材料>
 かぼちゃ…………1/4コ(400g)
       ※裏ごし時(220g)
 牛乳………………100ml
 三温糖……………大1.5
 ハチミツ…………大1

 カラメル
 ■グラニュー糖……50g
 ■水………………大2
 ■熱湯……………大2	
生クリーム………100ml
シナモン…………少々		
ラム酒……………大1	
玉子(M)…………2コ

飾り用ホイップ……少々
<下準備>
・オーブンを170℃に予熱する。
・カラメルソースを作る  鍋に■のグラニュー糖、■の水を入れて強火にかけ、茶色く色づくまで  混ぜたりせずにそのまま加熱する。いい色になったら湯を加えて混ぜる。 <作り方>
(1)かぼちゃは皮をむいて種をとり、小さく切って耐熱皿に入れる。       ラップをしてレンジで10分ほど加熱し、かぼちゃに箸がスーッと    通るくらいになったら、出てきた水分を捨てて、熱いうちに    裏ごししてボールに移す。
(2)牛乳を耐熱容器に入れて、レンジで人肌より少し熱めに温めて、    三温糖、ハチミツを加えて溶かし、かぼちゃに少しづつ加え混ぜ、    粗熱がとれたら、生クリーム、シナモン、ラム酒も加えて混ぜる。
(3)玉子をよく溶いて(2)に加えて混ぜ、ココット容器に注ぎ入れる。    バットに並べて熱湯を注ぎ入れ、オーブンに入れて170℃で    30分ほど蒸し焼きにする。
(4)焼けたらよく冷まして、冷蔵庫で冷やす。    カラメルソースをかけ、好きなようにホイップクリームなどを飾る。 手間なのはかぼちゃの裏ごしだけ。ここだけ終わっちゃえば、あとは 混ぜて焼くだけですからね!それでは皆さん            ハッピーハロウィーン!

チェリオスバイト

2008.10.26 (Sun)
週末、久々にスイーツを作りました。超簡単おやつです!
あびままちゃんのスピンオフブログ「約25分でごはんだべ」で
作っていた「ライスクリスピー」の変形です。

チェリオスというシリアルを使って、チェリオスボールというのも
有りと聞いて、ちょうど家にあったやつで作ってみました。
とりあえずは半分位の量にして、形もボールではなくて、
一口でパクっと食べられるように、ミニミニサイズにしました。

   チェリオスバイト

◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 約23×15cm

<材料>
バター……………大1.5 ミニマシュマロ…2カップ チェリオス………3カップ <作り方>
(1)フライパンにバターを溶かし、マシュマロを入れて弱火で    温め、マシュマロを溶かす。
(2)チェリオスを入れて、溶けたマシュマロを全体に絡める。
(3)バットに入れて、ワックスペーパー(私はオーブンシートで代用)を    かぶせて、上から手で押さえて平らにする。
(4)冷めたらバットから取り出して、一口サイズに切る。 マシュマロがアメリカのものとは違うのか、メーカーによるのか、 私のは液状になるまで溶けず、ねっとりした状態になりました。 チェリオスを混ぜたら、まるで納豆!? 糸をひいたようになって 思わず爆笑しちゃいました でも味は とーっても簡単で、甘さも控えめな美味しいおやつができました♪

キャラメルアップル

2008.10.15 (Wed)
この前「アメリカごはん」のSalaさんが、すごーーーく可愛い
お菓子を作っていました。
コチラ→ 「ハロウィンの伝統菓子:キャラメル・アップル」
ちょうど、それに向いているという青リンゴ「グラニースミス」が、 大安売りしていたので、早速買ってきて真似っこしました。 Salaさんのようにカラフルに可愛くはしてないけど^^; 美味しかったです♪    キャラメルアップル ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)キャラメルを耐熱容器に入れ、牛乳少々を加えて    レンジで加熱する。    ※参考:キャラメル2コ+牛乳…小2で約1分加熱
(2)一度取り出してよく混ぜ、溶け残りがあるようなら    もう一度レンジで加熱して溶かす。
(3)青リンゴ(なければ酸味の強いリンゴ)を切って並べ、    キャラメルソースをかけて、ナッツを散らす。 Salaさんの記事に詳しく書いてありますが、キャラメルアップルは 通常、日本の縁日でも売っているリンゴ飴のような形なんです。 食べてみたいけど、あんな丸ごと一体どうやって…と、今まで 手が出なかったんですが、この形なら食べ易くていいですよね!

苺とアプリコットのショートケーキ

2008.09.25 (Thu)
中にも外にも、苺とアプリコットを入れたデコレーションケーキ♪
赤と黄色が鮮やかです。今日はちょっとミントまで飾っちゃいました^^
やっぱり苺のケーキっていうのは、ケーキの王様ですね~
苺とアプリコットのショートケーキ
苺とアプリコットのショートケーキ(カット面)
←カットした感じ(クリックで拡大します)
 12cmの型で作った、小さいサイズの
 ケーキなので、カットは4等分です^^

今回はスポンジが大大成功だったので、
すごく美味しくできて嬉しいです o(≧∀≦)o
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1コ分 <材料>
生クリーム………………150ml
グラニュー糖……………大3(約30g)
ラム酒……………………小1
バニラエクストラクト…小1
   ※エッセンスなら数滴
苺……………………適宜
アプリコット(缶)…適宜

スポンジケーキ……1台
<作り方>
(1)まずスポンジケーキを用意して、2枚にスライスする。    レシピはコチラ→ 《スポンジケーキ(改良版)》
(2)生クリームとグラニュー糖をボールに入れて泡立て、    ラム酒、バニラエクストラクトも加えて、7分立ての    ホイップクリームにする。
(3)苺、アプリコットは好みのサイズに切る。
(4)アプリコット缶のシロップにラム酒(分量外)少々を加えて    混ぜ、シロップを用意する。
(5)スポンジケーキを2枚並べ、上面にシロップをハケで塗り、    片方に、クリームを塗って、その上にフルーツを並べ、    更にフルーツが隠れるくらいのクリームをのせて平に広げる。
(6)もう一方のスポンジをその上に乗せ(シロップを塗った側を下に)    最上面にもシロップを塗る。
(7)クリームを上面、側面に塗ったら、好きなようにクリームを絞ったり    フルーツを並べてデコレーションする。 今日は面白いことを発見しました。これはイギリスの生クリームを 使っている人には朗報です♪(邪道技だとは思いますが…) ↓イギリスの生クリームをお使いの方へ
イギリスのって、7分立てホイップでデコレーションし始めても 塗っているうちにどんどんねっとりしてきて、バタークリームみたいに なりませんか? 今までは、そのまま塗ると見た目もなめらかにならないし、 失敗~(≧3≦)~って思ってたんですが、そうなってしまった場合、 そこに少しづつ生クリームを加えながらゆっくり混ぜてみてください。 7分立てにホイップしたときのなめらかな状態に戻りますよ!

スポンジケーキ(改良版)

2008.09.25 (Thu)
いままで作った中で、一番上手にできました~♪♪♪
前回スポンジケーキを作った時、大事なサラダ油を入れ忘れちゃって ちょっとパサついちゃったので、今回はバッチリ忘れずに入れました。 更に、しっとり感アップを期待してハチミツも加えてみましたよ♪ その分、少しだけレシピを微調整しています。
そして、いつでもどの家庭にもたいていあるものということで、 今回もコーンスターチではなく、片栗粉を使っています。 スポンジケーキ(改良版) ◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 12cm丸型×1コ分 <材料>
玉子………………1コ(L)
グラニュー糖……大1
薄力粉……………20g
片栗粉……………小1
サラダ油…………………小2
ハチミツ…………………小1
バニラエクストラクト…小1
   ※エッセンスなら数滴
<下準備>
・オーブンを160℃に予熱しておく。
・型にバターを塗って、オーブンシートを貼る。
・小麦粉、片栗粉は予め混ぜてふるっておく。 <作り方>
(1)ボールに玉子、グラニュー糖を入れて、ハンドミキサーで    もったりするまで泡立てる。※爪楊枝が立つくらいまで
(2)小麦粉と片栗粉を合わせてふるったものを加え、    泡立て器でふんわりと混ぜる。    ※底からすくうように持ち上げ、自然にたらす…を繰り返すと     気泡をつぶさずに上手く混ざります
(3)粉が少し残っているくらいで、サラダ油、ハチミツ、    バニラエクストラクトを加えて混ぜる。
(4)上からたらすように型に流し入れ、型をシュっと回転させ、    更に軽くトントンと落とすようにして、粗い気泡を抜いて、    オーブン中段に入れ、160℃で20分焼く。※串でチェック!
(5)焼きあがったら、型ごと上からトンと落として再度空気抜きをし、    型からはずして網の上に逆さまに乗せ、ボールなどをかぶせて冷ます。    粗熱がとれたら、すぐビニール袋に入れて冷ます。 今日は初めてバニラエクストラクトを使ってみました。 これは日本ではあまり売られていませんが、材料が人口的な バニラエッセンスに対して、原材料がバニラビーンズとエキス 抽出のために使うアルコールだけです。 香りがソフトで苦味のないのが特長です。 バニラビーンズをウォッカなどに6ヶ月漬けて作ることも可能だそうです。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。