パク旨☆ごはん日記

写真&簡単レシピで綴る、毎日のごはん記録

■ 揚げもの の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌カツ

2010.01.29 (Fri)
かなり自己流な味噌だれですが、家では大好評です♪
味噌カツって、とんかつソースで食べるカツとは全く別物!
どっちも美味しいけど、最近は味噌カツの方が好きかも…^^
   味噌カツ ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <下準備>
豚肩ロースは包丁の背でたたいてから、包丁の先で筋を切り、  3~4等分に切って、塩こしょうをふる。
玉子液を用意する  玉子をときほぐして同量のを加え、ポタージュくらいの  とろみになるまで小麦粉を少しづつ加えてよく混ぜる。
味噌だれを作る  赤味噌(八丁)…大3酒…大1みりん…大2砂糖…大3を  鍋に入れて火にかけ、味噌を溶かしながら少し煮詰める。 <作り方>
(1)豚肉を玉子液にくぐらせ、パン粉を付けたら、    180℃に熱した揚げ油で揚げる。
(2)皿に盛り付け、味噌だれをかける。 ちょっとご挨拶
皆さま、またまたご無沙汰してしまいました。 チビどんが産まれてからというもの、本当に一日がアッという間で 毎日「あ~また更新できなかった…」と思いながら過ごしています。 もう少し上手なペースで生活を、と思っているのだけど…^^;
というわけで、相変わらずボチボチ更新が続いておりますが、 どうぞ宜しくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト

サーモンのピリ辛おろしだれ

2009.11.04 (Wed)
市販のスイートチリソースを使って、簡単手抜きな漬けだれを作り、
サーモンにたっぷりからめました♪ ご飯がすすんじゃう系です^^

   サーモンのピリ辛おろしだれ

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

(1)サーモンは食べ易い大きさに切り、水気を拭いて軽く塩をふる。
   玉ねぎは細切りに、大根はおろす。
(2)耐熱容器にスイートチリソース醤油、大根おろしを    入れて混ぜ、玉ねぎも加えて電子レンジで加熱する。    (たまに混ぜながら、玉ねぎがしんなりするまで)
(3)小麦粉片栗粉を半々の割合で合わせてサーモンにまぶし、    180℃に熱した揚げ油でカラッと揚げる。
(4)揚がったサーモンを(2)に入れ、たれをからめたら、    皿に盛り付けてかいわれなどを添える。 この漬けだれ、手抜きなのにかなりイケます! お急ぎメニューや お弁当のおかずにオススメですかお

ポムス・スペシャーレ

2008.12.13 (Sat)
ドイツのスタンドで売っている、ポムス・スペシャーレ。
訳すと、「スペシャル・フライドポテト」ということなのですが、
太いタイプのフライドポテトに、カレー風味のケチャップ、
マヨネーズ、玉ねぎみじん切りが乗ってるんです。
これ、一度食べてハマりました。
しかし、イギリスではこのカレーケチャップは売ってないので、 ケチャップにカレーパウダーを混ぜて代用。ん~やっぱり美味しい♪    ポムス・スペシャーレ カレーケチャップは、ケチャップにカレーパウダーを混ぜ、 野菜ジュースやトマトジュースでゆるいソース状にのばすだけ。 分量はお好みですが、私の好きな割合は以下の通りです。  ケチャップ………大1  カレーパウダー…小2  野菜ジュース……小2 ちなみにマヨネーズも、日本のものではなくて、アメリカなどの 酸味の弱い、白っぽいマヨネーズがおすすめです。 是非お試しを♪ ハマっちゃうかも~^^

ヤングコーンの天ぷら

2008.11.23 (Sun)
なぜか椎茸の天ぷらが大きく写った写真ですが、、、^^;
おすすめなのは、奥に写ってるヤングコーンの天ぷらです。
日本にいた頃、生のヤングコーンなんて多分見たことなくて、 特に好きな野菜と言うわけでもありませんでした。 が、こっちのスーパーでは、普通に生のものが売っていて、 これが美味しいのですよ。その歯ごたえと香りが、すっかり 気に入ってしまい、よく使うようになりました。    ヤングコーンの天ぷら 今日は、初めて天ぷらにしてみましたが、これが最高^▽^)/ 竹の子とレンコンの間のような食感で、甘くていい香り! 生のを見かけたら、是非お試し下さい。天ぷらに向いてると思います。 …参考…
 衣の作り方→ 《天ぷらの衣(イギリスの小麦粉用)》

チキン南蛮☆

2008.11.20 (Thu)
今日は、旦那どんのリクエストにお応えして、チキン南蛮です。
今回のタルタルソースは、さっぱり感をアップして、普通のより
マヨネーズ少なめにしてみました。♪
その分、少しだけ漬けだれを甘めにしたら、これが合う合う♪

   チキン南蛮

◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆

<下準備>
 ・タルタルソースを作る   ゆで玉子(2コ)、玉ねぎ(1/4コ分)、パセリ(大さじ2分)を   全てみじん切りにして、マヨネーズ…大4、レモン汁…大1、   塩こしょう を加えて混ぜる。
 ・南蛮漬けだれを作る   小鍋に、…大4、みりん…大1、砂糖…大2+1/2、醤油…大2、   …少々、鷹の爪(細かく切る)…2本分を入れてひと煮立ちさせる。 <作り方>
(1)鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、小麦粉をまぶす。
(2)余分な粉を落として、溶き玉子にくぐらせたら、    揚げ油を180℃に熱し、こんがりときつね色に揚げる。
(3)揚がったら、すぐ南蛮漬けだれをからめて2~3分おく。    ※漬けだれは冷めていた場合、温めなおして 今日はひどい目に合いました…。鷹の爪を輪切りにした時に、 無意識にアゴのあたりをちょっと触ったようなんです。 もう、ずーーーっとピリピリして、お風呂に入ったときなんて 火傷でもしてるんじゃないかってくらい、しみるんですよ
皆さんも、辛いもの切った時は、充分気をつけてくださいね!

彩り豆腐揚げ

2008.11.03 (Mon)
枝豆や人参を入れて、彩り良くふんわり揚げた、豆腐とひき肉の
団子です。大根おろしを添えてさっぱりポン酢でいただきます♪

   彩り豆腐揚げ

◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆

<材料>
 豚ひき肉………270g
 もめん豆腐……270g
   (水切り後=190g)
 人参……………1/2本
 玉ねぎ…………1コ
 枝豆むき身……1/2カップ
★おろし生姜…小1分
★酒……………大1
★塩……………少々
★ごま油………大1
 片栗粉…………大1
<作り方>
(1)人参、玉ねぎはみじん切りにする。    もめん豆腐は水切りする。
(2)ボールに豚ひき肉、★の材料を全て入れてこねるように混ぜ、    粘り気がでたら豆腐、片栗粉も加えてよく混ぜる。
(3)玉ねぎ、人参、枝豆を加えて混ぜ、丸くまとめながら    160~170℃(低め)に熱した揚げ油で、じんわり揚げる。
(4)浮いてきたら一度取り出しておき、全て揚げ終わったら    油の温度を180~190℃(高め)に上げて、今度は表面が    きつね色になるようにカラリと揚げる。 割とすぐに火は通ります。揚げすぎるとモソモソになるので 揚げすぎには注意です。程よく揚がれば、ふわっとプリプリな食感♪

変わり串カツ ☆ 2種類

2008.09.08 (Mon)
ジューシー鶏肉ととろ~り茄子、プリプリ海老と甘~いパプリカ。
この組み合わせで、2種類の串カツを作りました。
鶏と茄子は、からしをたっぷり付けてとんかつソースで。 海老とパプリカはスイートチリソースがおすすめです! 変わり串カツ ☆ 2種類 ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)鶏むね肉は食べやすい大きさに切って、をもみ込む。    海老は、酒、塩、片栗粉でもんでおく。    茄子は食べ易い大きさに切って、水にさらしてアク抜きする。    パプリカはヘタと種を取り除いて、一口サイズに切る。    ※鶏肉は火が通りやすいように1cm位の厚さに
(2)鶏肉と茄子、海老とパプリカをそれぞれ串に刺す。
(3)玉子液を用意する。    玉子をときほぐして同量のを加え、ポタージュくらいの    とろみになるまで小麦粉を少しづつ加えてよく混ぜる。
(4)玉子液をくぐらせてパン粉を付け、180℃に熱した揚げ油で    カリッと揚げる。 野菜がでこぼこしてて衣が付けにくいですが、左手で串を持って、 スプーンで玉子液をかけるようにしてまんべんなく付けます。 パン粉も同じように左手で串をもって、右手でかけて押し付けるように したら上手く衣が付けられましたよ。
いや~久しぶりにカツを作りましたが、揚げたてサクサクは最高ですね~♪ 揚げ物、大大大好物なんです。。。も~ごちそうさま言いたくなかったぁ

「なんでもマヨお料理」 鶏の唐揚げ 美味しいソースで♪

2008.08.26 (Tue)
ジューシーでカリッと揚がった衣が堪りませ~ん!
今日は、とんかつソースにマヨネーズとおろしにんにくを 混ぜたソースを添えてみました。 これがよく合っていて好評でしたー♪ 是非お試しを 鶏の唐揚げ ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)鶏もも肉は食べやすい大きさに切ってボールに入れ、、    おろし生姜おろしにんにく醤油マヨネーズを加えて    全体によくもみ込み、冷蔵庫で2時間置く。
(2)小麦粉片栗粉を半々の割合で合わせて、鶏肉にまぶし、    余分な粉ははたいて落とす。
(3)180℃に熱した揚げ油に入れ、うっすら表面に色が付く程度に    控えめに揚げ、いったん油から引き上げて1~2分置く。    ※鶏肉の真ん中まで火が通っていないくらいで引き上げる。
(4)油の温度を上げて、鶏肉を戻し入れ、10~15秒で    表面がカリッとしてくるまで揚げる。    ※一度にたくさん入れると温度がさがるので、入れすぎ注意! とにかく揚げすぎるとジューシー度が下がるので、一度目の揚げでは 6~7割ほど火が通っている程度にして、二度目の揚げは高温を保って 素早くカラッとさせるようにすると上手くいきます!

鶏ともやしの辛~い春巻き

2008.07.21 (Mon)
スミマセン。ちゃんと盛り付けてない写真です。実は色々ありまして…^^;
あんかけ焼きそばバージョン
詳しいことは下で説明しますが、
中に入っている具は、左のあんかけの部分。
(写真をクリックで拡大写真になります)
豆板醤の味で、ピリッと夏向きの春巻きです♪
鶏ともやしの辛~い春巻き ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)青ねぎ生姜は細かく刻み、玉ねぎ人参は細切りにする。    はるさめは袋の指示通りに茹でて、水で冷やし、水気をきって、    3~4cmの長さに切る。
(2)フライパンにごま油を熱し、青ねぎ、生姜を入れて、    香りがたったら玉ねぎ、人参を炒める。
(3)軽く火が通ったら、鶏ひき肉を加えて炒め、ほぐれてきたら    もやしも加えて炒める。
(4)豆板醤を加えて少し炒め、中華味の素醤油少々で味付けし、    水溶き片栗粉を加えて、少しとろみを付ける。    (ばらばらだった具が少しまとまる程度まで)
(5)最後にごま油ひとまわしかけて全体に混ぜ、バットなどに    広げてしっかりと冷ます。
(6)春巻きの皮に包んで(ふちは水溶き片栗粉で止める)、    180℃の揚げ油で揚げる。 今日は参りました。。。まず春巻きを作るつもりで仕込み始めたんです。 しかし、買ってきた春巻きの皮がひどくて、端は割れまくっているし、 包み終わりはちゃんと貼り付いてくれないし、とにかく包みにくーい パッケージの密閉度が悪いから、乾燥していたんだと思います。
濡れブキンを使ったり、終いには生春巻きの皮みたいに水にくぐらせたり 色々手を施したけど、結局ギブアップ! 残った具をのばして、あんかけ焼きそばに変更した…というわけです。
どうにか包めた10本ほどを、箸で押さえながらなんとか揚げました。 食べてみると旨~っ!焼きそバージョンより断然美味しい!それで、 これは写真は変でも是非ってことで、春巻きをメインにアップしたわけです。 あ~あ~ぜんぶ春巻きにしたかったなぁ~~~。 くやしぃ

豚肉の唐揚げ レモンタルタルソース

2008.07.15 (Tue)
脂身の少ない豚バラブロックがあったので、それをスライスして
シッカリめに下味を付けて、唐揚げにしました。
前に「では、いただきます」のmugiさんの「チキンな~んば~ん♪」で 登場した、レモン汁多めのタルタルソース。 これを真似して、唐揚げにかけていただきました。これが大好評♪ ピクルスはなかったので入れませんでしたが、ホントにさっぱりで、 揚げ物との相性バツグンでした 豚肉の唐揚げ レモンタルタルソース ◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ <下準備>
豚バラブロックは食べ易い大きさ(厚さ1cmくらい)に切る。  茹で玉子玉ねぎは細かく刻む。
・ボールに豚肉、おろし生姜おろしにんにくオイスターソース、  塩こしょう醤油を入れてよく混ぜ、冷蔵庫で30分以上漬けておく。
・茹で玉子、玉ねぎ、ドライパセリ、塩こしょう、マヨネーズ、  レモン汁を混ぜてソースを作る。 <作り方>
(1)ビニール袋に同割合で小麦粉片栗粉を入れ、白ごまも    加えて混ぜる。
(2)豚肉の水分を取り、粉のビニール袋に入れてフリフリして、    まんべんなく粉をまぶす。
(3)180℃に熱した揚げ油で、豚肉をカラッと揚げ、    皿に盛り付けて、レモンタルタルソースをかける。 厚さ1cmなので、味のしみ込みも早く、揚げ時間も短くて済みます。 本当にすぐ揚がっちゃいますので、揚げすぎ注意です。
<反省>
お肉は柔らかい仕上がりなのですが、煮込んだお肉と違い、 お箸で切れるような柔らかさではないので、ちょっと噛み切り にくかったです^^; なので、完全に一口でパクっと食べられる サイズにした方が良かったなーと思います。

みそ豚つくねのまんまるカツ

2008.07.07 (Mon)
お味噌の風味の豚つくねを、まんまるのカツにしました!
中はふんわりジューシー♪ からしを付けていただきまーす。
味噌のほのかな味と豚の旨みが凝縮されてる感じで、中身は しかし今日は衣に問題あり 詳しくはレシピ下をご覧下さい みそ豚つくねのまんまるカツ
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)玉ねぎ青ねぎ生姜はみじん切りにする。
(2)ボールに玉子を入れて溶き、味噌を加えてよく混ぜ、    豚ひき肉を加え、全体に粘り気が出るまでよく練り混ぜる。
(3)玉ねぎ、青ねぎ、生姜、白ごま塩こしょう少々、ごま油を加えて    全体によく混ぜて、一口サイズのボール状に丸める。
(4)玉子液を用意する。    玉子をときほぐし、同量ほどの水を加え、ポタージュくらいの    とろみになるまで、小麦粉を少しづつ加えて混ぜる。
(5)つくねボールを玉子液に通し、パン粉を付けて、180℃の揚げ油で    こんがりときつね色になるまで揚げる。 今日は、いざパン粉を付けようという段階で、パン粉がない事に 気付き、買いに行く時間もないので、急遽あるもので…と、 常備していた玄米フレークを、細かく砕いて衣にしたんです。 見た目はいい感じですよね^^; でも、これが今一でした。。。
玄米フレークって、コーンフレーク衣と違って、カリッと感が弱いですね。 少しだけ残ってたパン粉を付けて揚げた分が、いくつかあったのですが、 食べ比べると、明らかに歯ごたえが違いました。 クゥー!やっぱパン粉の方が全然美味しい~~~(*_*)

鶏の竜田揚げ 梅おろしポン酢

2008.06.15 (Sun)
さっぱり梅ソースとおろしポン酢でいただく竜田揚げです。
この梅ソース、色んな料理に使えると思いますよはーと

鶏の竜田揚げ 梅おろしポン酢
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)鶏もも肉は食べ易い大きさに切って、ビニール袋に入れ、    おろし生姜おろしにんにく醤油を加えてもみ込み、    冷蔵庫に1時間ほど入れておく。
(2)大根はおろし、青ねぎ文字色は刻み、玉ねぎはスライスして水に    さらして水気をきる。
(3)梅干しは種を取り除いて、包丁でたたいてペースト状にし、    めんつゆを加えて混ぜ、梅ソースを作っておく。
(4)揚げ油を180℃に熱し、鶏肉に片栗粉をまぶして揚げる。
(5)皿に玉ねぎスライスを敷き、鶏肉を盛りつけて、大根おろしをのせ、    刻みねぎを散らして、梅ソースをのせる。 食べる時に、ポン酢をつけながらいただきます。 梅干がすっぱい場合は、梅ソースにみりんも少々入れるといいです^^

ひとくちチキンカツ

2008.06.03 (Tue)
ごく普通のチキンカツです(^^ゞ 衣は前回コロッケの時に使った
玉子液バージョンを採用。パン粉がしっかり付くので気に入ってますはーと
カツはやっぱり、たっぷりのキャベセンと一緒に食べると最高ですね^^

ひとくちチキンカツ
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)鶏もも肉は厚みをそろえ、食べ易い大きさに切って、    塩こしょうをする。
(2)玉子液を作る。    器に玉子を入れて溶き、玉子と同量くらいのを加えて混ぜる。    ポタージュ位のとろみになるまで、小麦粉を少しづつ加えて混ぜる。
(3)小麦粉、玉子液、パン粉の順に衣をつけ、180℃に熱した    揚げ油で、途中返しながらこんがりきつね色になるまで揚げる。 最近イギリスでも、骨なし鶏もも肉が売られるようになってきました。 これで骨取り作業から開放されるきらきら 嬉しい~涙 鶏もも肉の登場、これから増えるかも^^

豚天ともやしのさっぱりねぎソース

2008.05.27 (Tue)
豚の天ぷらが、もやしと和風ドレッシングのような
さっぱりねぎソースとピッタリ
豚肉が驚くほど柔らかく仕上がります!

豚天ともやしのさっぱりねぎソース
◆◆◆ 簡単レシピ ◆◆◆ (1)もやしはサッと茹でてざるにあげ、水気をきる。
(2)豚肩ロースを1~2cm幅に細切りにし、少々をまぶして    軽くもみ込み、1時間ほど置く。
(3)少し薄めに作った天ぷらの衣をつけ、200℃の揚げ油に入れて、    表面がきつね色になるまで揚げる。    ※すぐ火が通るため、温度高めで素早く揚げるのがコツ!
(4)ボールにサラダ油めんつゆ刻んだ青ねぎおろし生姜、    白ごまを入れて混ぜ、ねぎソースを作る。
(5)皿にもやし、豚天を盛りつけ、ねぎソースをかける。 今日の衣は、適当に作っちゃったので分量は分かりませんが、 マヨネーズバージョンを使いました。マヨネーズ、冷水を混ぜて、 小麦粉、片栗粉少々を加えたものです。薄めなので、仕上がりは 天ぷら?唐揚げ?って感じの衣です。カリカリで美味しいですよ~かお

アスパラとカニカマの青のり揚げ

2008.05.23 (Fri)
カリカリの衣が香ばしくて、ビールのおつまみにもバッチリ絵文字名を入力してください
最初、天ぷらにしようと思ったけど、玉子1/2コとかで衣を作るのが イヤだったので、前にスパイス揚げでご紹介した衣をアレンジ、 青のりを入れて和風バージョンにしてみました。 これなら玉子は使わないし、分量は自由自在で便利です♪ アスパラとカニカマの青のり揚げ
◆◆◆ ちゃんとレシピ ◆◆◆ 2~3人分 <材料>
小麦粉…………60g
片栗粉…………大1
青のり…………大1
揚げ油…………適宜
マヨネーズ……大1
炭酸水…………100cc
アスパラ………5本 カニカマ………5本
<作り方>
(1)アスパラは根に近い固いところを切り落とし、下2/3くらいの    皮を剥き、半分の長さに切る。    ※柔らかいものはそんなに剥かなくてもOK
(2)カニカマは斜めに半分に切る。
(3)ボールに小麦粉、片栗粉、青のりを入れて混ぜ、アスパラ、    カニカマを加えて全体にまぶす。
(4)余分な粉を払い落として、アスパラとカニカマをいったん取り出す。
(5)残った粉に、マヨネーズ、炭酸水を加えて混ぜ、その衣をつけながら    180℃に熱した揚げ油で、天ぷらと同様にカラッと揚げる。 衣はごってりと付け過ぎず、薄付きで揚げる方が カリッと香ばしく揚がります。
参考 →《ズッキーニとポテトのスパイス揚げ》
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。